noteで「20代後半のコラム」「偏愛」「フォトエッセイ」をブログとは違う視点で執筆中

サメは怖くない?泳げなくても大丈夫?ダイビングの不安要素を解説

「スキューバ・ダイビングってやってみたいけど、泳げないし…」
「サメがいて、襲われたりしないの?」
「ダイビングを始める前に不安要素を無くしておきたいな。」

このような疑問に答えます。

 

本記事の内容

・危険なサメは少ない

・ダイビングに泳ぎは関係ない

・サメと潜れるダイビングスポット

 

この記事を書いているわたしはダイビング歴5年ほどです。

泳ぎは得意ではありませんし、ダイビング中にサメに遭遇ことは何度も経験しています。

ダイバーにとってサメは怖いものではありません。

むしろ、水中で見たくてしょうがない生き物となります!(わたしはそうです)

あなたも水中の世界へ飛び込んでみましょう!

危険なサメは少ない

全世界にサメは500種類以上いると言われています。

そのうち、人間を襲うと言われているのは、おもに5種類ほど

有名なサメは『ホオジロザメ』。あのジョーズで有名なサメです。

そのほかには、『イタチザメ』、『オオメジロザメ』、『アオザメ』、『ヨゴレ』など。

わたしはこれらのサメをダイビング中に見たことはありません。

おとなしい『ネムリブカ』、『ドチザメ』、『ニタリ』などはよく見ます。

 

レジャーダイバーを襲うことはない

サメに関する事故は、サーファーや海水浴客が対象となることが多いです。

レジャーダイバーが襲われたケースは報告されていません。

なぜなら水中にいるダイバーは、サメから見ても謎の大きな生物になるため、警戒されているからです。

サメを見かけても、向こうから逃げていくケースが多いです。

 

不安な場合はガイドに伝える

それでも不安な場合は、その旨をインストラクターやガイドに伝えましょう。

「サメがいないポイントにしてください。」「サメが怖いのですが、、、」など。

サメについて解説してくれたり、実際に講習やツアーで潜る時には、サメが見つかりにくいポイントへ案内してくれます。

 

ダイビングに泳ぎは関係ない

結論から言うと、ダイビングはカナヅチでもできます。

なぜなら、水中で息が吸えるので溺れようがないためです。

 

水中では器材で潜水や浮上をする

ダイビングにおける潜水と浮上は、BCDと呼ばれる装置を使います。

慣れてくると自分の呼吸のみでコントロールできますが、最初はこちらを使って動くことが多いので、

泳げるかどうかは関係なくなります。

唯一泳ぎが関係するのは、足のフィンを使ったキックです。

ダイビング中は常にフィンを動かすのですが、泳げる人でも最初は上手くできません。

よって、慣れればできます!

さらに車椅子の方も補助付きでダイビングは可能です。

つまり個人の身体能力や肉体に関係なくできる遊びとなります。

 

器材チェックは怠らない

器材を使用して行うダイビングですので、潜る前に器材が動作するかどうかのチェックは必ずしてください。

初めてでも、自分なりに念入りに確認することは大事です。(インストラクターもチェックしてくれますが、、、)

水中で息ができるダイビングですが、器材が動作しないともちろん息は吸えません。

わたしもタンクの開閉口を閉じたまま潜ったことが一回あります…

途中で気が付いて、バディに開けてもらいましたが、絶対にやってはいけないことです。

あの息が吸えない恐怖はもう味わいたくありません。

 

サメと潜れるダイビングスポット

ダイビングの不安要素をなくしたところで、早速サメがうじゃうじゃいるポイントのご紹介です!

どうしても怖い方は荒療治で治しませんか?笑

ただし、水深が20m前後で流れることがあるので、ある程度の経験が必要です。

 

シャークスクランブル(シャークシティ)とは

そのポイント名とは『シャークスクランブル』。

360度サメに囲まれることができます。(天国!)

このサメは『ドチザメ』という、おとなしいサメの種類です。

さらにエイが顔に張り付いてきたり、サメが後頭部にアタックしてきたり、かなりカオスなポイントです。

 

『伊戸ダイビングサービスBOMMIE』の詳細

千葉県の伊戸にある現地サービス型ショップです。

電話かメールで予約ができます。

 

海況が荒れて潜れないことが多いので、注意してください。

オーナーやインストラクターは穏やかな方ばかりで、初心者にも優しいのでご心配なく。

 

アクセス方法

現地サービスとなるので、自分たちで直接ショップに向かう形となります。

こちらをご覧ください→アクセス

東京からの電車の場合は指定の電車があるようなので、それで来るようにしてください。

 

ダイビングにおける不安点を解消して、楽しい水中ライフをおくってください。

そして、伊戸に行きましょう!

ABOUT ME
ヒロ
1993年静岡生まれ|フリーランスの 水陸写真家 / 潜水士 / ライター|沖縄在住 / スペイン移住計画|日常の"鼓動"を捉えた陰影のある美しい写真を好みます|写真×文章×Webで"伝わる"情報のデザイン・整理が得意|お問い合わせお仕事のご依頼note
\ お仕事のご依頼を受け付けています /

 

英語学習が苦手な私でも継続できている「スタディサプリENGLISHの日常会話コース」

 

\ noteで少し違ったトピックを書いてます /

 

\ SUZURIで写真グッズ販売中!! /