フィルム PR

「LomoChrome Purple 35mm ISO100–400」作例|紫、赤、ピンクが強調されるフィルム。色味が段々と癖になっていく

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー
本ページはプロモーションが含まれています

変わり種と思いきや、段々と癖になってくるパープルの色味。

「LomoChrome Purple 35mm ISO100–400」は、紫、赤、ピンクの色味が強調される、カラーシフトが楽しめるフィルムだ。そして、ここまで色が変わるのに、カラー現像(C-41)ができる仕様になっている。

たとえば、緑は紫系の色に変わるので、植物が生い茂る自然や、カラフルな色の服を着た人を撮ったりすると、予想のつかないカラーシフトになっておもしろい。

今回はそんな”パープル”の名が付いた「LomoChrome Purple 35mm ISO100–400」を作例と共に紹介する。

Lomography
¥5,680
(2024/03/03 15:03:01時点 Amazon調べ-詳細)

他のフィルムの作例とレビューはこちら。

LomoChrome Metropolis 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー
「LomoChrome Metropolis 35mm ISO100–400」作例|光と影が印象的なフィルム。シックな色合いがまさに"都会"的実験的なロモらしく、とはいえ絶妙なバランスで構成されたフィルム。 「LomoChrome Metropolis 35mm ISO1...
LomoChrome Turquoise 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー
「LomoChrome Turquoise 35mm ISO100–400」作例|青とオレンジに染まるフィルム。独特だが根強い人気がある異星にいるかのような、強烈な色合い。 「LomoChrome Turquoise 35mm ISO100–400」は、青とオレンジ...
LomoChrome Color ’92 35mm ISO400 作例 フィルム レビュー 低価格
「LomoChrome Color ’92 35mm ISO400」作例|低価格かつ新発売のレトロなフィルム。変化を楽しむか、場所を選ぶか。まさか、今どき新しいフィルムが発売されるなんて。 独自路線で人気の「Lomography」から、新規で「LomoChrome Co...

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400の特徴

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400は、Lomographyが販売している、ISO100-400の35mmフィルム(36枚撮り)。

この「LomoChromeシリーズ」は強烈なカラーシフトが行われるのが特徴。Purpleは、紫や赤、ピンクが強調されている。緑は紫、青はエメラルドグリーンになるので、鮮やかな色合いになりやすい。

ISOは100から400まで調整可能。天候や環境次第で、気軽に明るさを調整できるのが強みだ。

そして、写真を見ただけで「これはLomoChrome Purpleだ」とわかってしまうような、どんな場面でもおもしろい仕上がりになる。

Lomography
¥5,680
(2024/03/03 15:03:01時点 Amazon調べ-詳細)

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400の作例

使用カメラ:Yashica Electro 35 GX
ロケーション:スペイン(バルセロナ)

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

街中に生い茂る木々が、見事に紫に。桜みたい。

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

サグラダ・ファミリア自体がうっすらピンクに。そしてエメラルドグリーンの空と、紫の公園の木。

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

サッカースタジアムで撮ってみるのもおもしろかった。芝一面が紫だ。

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

逆光の直射日光は、黄色系なので、ピンクに染まる。

ヨーロッパの建物の雰囲気とマッチしやすいフィルムだと思った。

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

一方で、わかりやすい変化が見られない写真になることもある。大概は色が変わるので、問題はないけど。

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

やはり植物のカラーシフトはおもしろい。元々の色味は忘れてしまった。

Lomography
¥5,680
(2024/03/03 15:03:01時点 Amazon調べ-詳細)

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400のレビュー

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400 作例 フィルム レビュー C-41 Lomography ロモグラフィー

LomoChrome Purple 35mm ISO100–400の感想をまとめると、こんな感じだ。

  • 紫、赤、ピンクが強調される、鮮やかなフィルム
  • 緑は紫、青はエメラルドグリーン、黄はピンクに変わる
  • 風景やポートレートで活躍できる
  • 一目で「ロモのPurpleね」とわかるほど個性がある
  • 慣れてくると、またリピートしたいと思える味がある

色合い的に好き嫌いが分かれそう、というか、最初は自分も警戒していた。「派手なだけでしょ?」と。でも、その予想は裏切られた。仕上がりにとても満足している。

カラーシフトの法則性は、緑は紫、青はエメラルドグリーン、黄はピンクとなっているが、現実の物体や人物は様々な色が重なっており、光の当たりかたでまた変わっていく。なので、予想が難しい。

ただ、予想できないのは、楽しさでもあり、発見でもある。やはり、カラーシフトするフィルムのおもしろさは、「こんな色になるのか!」という部分であると実感した。

とはいえ、自然の中で撮ると、紫の木々に、エメラルドグリーンの空という具合になりやすいので、ある程度予想できることもある。

今回は自然やスナップが多かったので、次回はポートレートも撮ってみたいと思えるフィルムだった。まんまと癖になってハマってしまった感じがあるなぁ。

Lomography
¥5,680
(2024/03/03 15:03:01時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ヒロ
フォトグラファー / 文筆家|1993年生まれ|スペイン在住|読書、対話、書くこと、散歩、バイク、オードリーが好き|お問い合わせ仕事のご依頼