GSX250R

SUZUKI GSX250Rにおすすめのカスタムを実例付きで総まとめ【マフラー|ヘッドライト|スクリーン|プレート|USB電源】

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

SUZUKI GSX250R(ブラック)を購入してから約2年。純正でも乗りやすくカッコいいバイクだと思っていますが、カスタムをしてみると、全然違うバイクみたいで、さらに楽しくなりました。

不器用な方なんですが、基本的に自分で着脱できるカスタムを選んで使っています。手軽なカスタムでも、乗り心地は結構変わるんですよね。

今回はSUZUKI GSX250Rにおすすめのカスタムパーツを紹介します。実際に使ってみて「本当に買って良かった!」と思ったものをまとめてみました。

GSX250Rのおすすめカスタムパーツ|外装

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

ヘッドライトやマフラーなど、外装でカスタムした部分(見た目が変わる)を紹介します。

ヘッドライト

ヘッドライトはH4バルブのLEDを使ってます。純正だとヘッドライト横のポジション灯はLEDなのに、ヘッドライトはハロゲンで黄色く、バランスが悪く見えるんですよね。

基本的に夜走ることは少ないのですが、バイクはヘッドライトが常にオンなので、見栄えの良いLEDヘの変更しようと決めました。トンネルでも明るくて大満足です。

ナンバー灯

ヘッドライトと統一感を出したくて、ナンバー灯もハロゲンからLEDに変更しました。常に点灯しているランプなので、後ろから見たときの雰囲気がすこーし変わります。

明るすぎるとバランスが悪くなってしまうので、少し暗めだけどナンバープレートはわかるようなものを選んでいます。

いずれはウィンカーもLED化したいですね。個人的には見た目的に、ヘッドライト>ナンバー灯>ウィンカーの優先順位かと思います。

スクリーン

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

純正のスクリーンは透明だったので、ブラックの車体と統一感を出すために同じ色のスクリーンにしました。

個人的にはどの車体でも透明は合わないと思いますし、スクリーンはネジを回すだけで簡単に着脱できて、見た目が一気に変わるのに安いので、おすすめのカスタムです。

マフラー

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

スリップオンマフラーは意外と着脱が簡単でありながら、性能が少しアップするカスタムです。そしてとても大事な”排気音”が劇的に変わります。

排気音ってなんでも良いと思ってたのですが、乗るたびに「良い音だな〜」と満足感があるので、マフラーを変える効果って大きいと思います。

純正はとても静かな音ですが、マフラーを変えてみると大きすぎず、でも確かに音が聞こえる感じがあるので、ぜひ好みの音のマフラーを探してみてください。WR’Sは重低音が好きだったので選びました。

ステップオフセットプレート(バックステップ)

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

純正のステップのまま、プレートを挟み、擬似バックステップ化できるカスタムです。

GSX250Rって、純正だとステップが当たるので(もはや刺さる)、まっすぐ足を下ろせないんですよね。だから信号待ちなどで、なんだか姿勢が落ち着かない。

ステップオフセットプレートを入れると、ステップの位置が後退するので、楽に足を下ろせるようになります。位置も三段階の調節ができます。

さらにバックステップ化すると、ニーグリップしやすくなって乗りやすくなるんですね。乗り心地が全然違くて、「別のバイク?」というぐらい快適になりました。

ヘルメットホルダー

キジマ(Kijima)
¥3,158
(2022/12/08 03:05:38時点 Amazon調べ-詳細)

GSX250Rには収納スペースがほぼないので、バイクを降りてヘルメットを掛けられるホルダーを防犯として付けています。

ヘルメットや小物を入れるリアボックスもありますが、見た目が好きじゃないので、見た目がスッキリしているヘルメットホルダーが良かったんですよね。

サイドスタンドプレート

純正のサイドスタンドは地面と接するスタンド部分が小さいので、スタンド部分を拡張するプレートを付けてます。

砂利やぬかるんだ地面にバイクを止める場合、純正だとスタンドが沈み込んで、バイクが倒れる可能性があるんですよね。

そういう状況が頻繁にあるわけではないですが、いざという時に安心かつデザインもカッコいいので、プレートを付けています。

タンクパッド

タンクパッドはいらないと思っていたんですが、乗り始めてからしばらくして、シート側のタンクに細かい傷がたくさん付いていたんです。

どうやらジャケットのチャックなどが、乗っているうちにタンクに当たって傷になったりするようで。急いでタンクパッドを買いました。タンクパッド、大事みたいです…!

GSX250Rのおすすめカスタムパーツ|電子機器

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

ETCやUSB電源など、外からわかりにくい電子機器などの内部のカスタムを紹介します。

GSX250Rの電子機器のおすすめカスタムパーツ

電源ユニット

デイトナ(Daytona)
¥2,407
(2022/12/08 00:19:41時点 Amazon調べ-詳細)

電源ユニットは端子を増やして、複数のデバイスの電源を確保するためのもの。USB電源やETCと同時に取り付けると楽ですね。

スマホ用のUSB給電とETCは使う予定があったので、将来的にナビやドラレコ、グリップヒーターなど、デバイスを増やしても問題ないようにしておきたかったんです。

バイク(メインキー)のオンオフとデバイスが連動するので、オフのときに電源ユニットのせいでバッテリーが上がることはなくなります。とても便利です。

USB電源

デイトナ(Daytona)
¥3,018
(2022/12/08 03:25:30時点 Amazon調べ-詳細)

ナビはスマホのアプリを使っているので、充電しながらスマホを使えるようにUSB電源を取り付けました。後述のマルチバーに取り付けて、扱いやすいようにしてます。

このUSB電源単体でもそうですが、先ほどの電源ユニットと繋ぐとメインキーのオンオフと連動しているので、自宅に停めてオフにしているときは出力がオフになるのが良いですね。

GSX250Rのおすすめカスタムパーツ|ハンドル周り

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

ハンドル周りは細かいカスタムが多いので、まとめて紹介します。

マルチバー

デイトナ(Daytona)
¥4,571
(2022/12/08 01:09:10時点 Amazon調べ-詳細)

純正ではハンドル周りにアクセサリーを付けられないので、マルチバー(アクセサリーバー)を付けています。

スマホやカメラを取り付ける場合は必須です。USB電源のコードもマルチバーに取り付けています。

ハンドルの片側に付けるバーもあるのですが、中央にバーがある方がデザイン的に良いと思ったので、こちらを採用しています。元から付いている感じがあって好きです。

スマホホルダー

スマホホルダーは、防水かつ落下しにくいケースタイプを使っています。スマホが剥き出しになるのは、雨や落下の不安があったんですよね。

タッチの感度は下がるのですが、スマホを触る時は止まっている状態なので、剥き出しよりも落下しにくい構造で防水である方が優先だと判断しました。

ショートレバー

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

純正のブレーキ・クラッチレバーは立ちごけすると真っ先に折れやすい部分で、しかもシルバーのデザインが気に入らなかったので、ショートレバーに変えています。

ショートレバーなので指4本でレバーを握りたい人には向いていませんが、僕のように2本で握る人や手が小さめな人はマッチするはずです。

段階調節機能があるので、しっくり来る位置にレバーを調節できるのもメリットです。

バーエンド

純正のバーエンドは黒でダボっとした感じなので、デュアルアルマイト仕上げでエッジの効いたデザインのバーエンドに変えています。

バーエンドを変えるだけで、ハンドル周りが引き締まったデザインになるので、お手軽でおすすめのカスタムだと思います。

グリップ

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

グリップを変えてみると、手の疲れがグッと減るんです。人間工学デザインを取り入れたグリップなので、長時間でも疲れにくくなります。

硬すぎず、柔らかすぎないので握りやすく、デザインも落ち着いていて、GSX250Rに合うので気に入ってます。

GSX250Rをカスタムして充実したバイクライフを!

GSX250R SUZUKI カスタム おすすめ パーツ まとめ マフラー

今回はSUZUKI GSX250Rにおすすめのカスタムパーツを紹介しました。紹介したカスタム以外には、GoProTHETA(360度カメラ)を取り付けて撮影してみたり、ヘルメットにインカムを付けたりして楽しんでいます。

今回紹介したカスタムパーツを参考に、ぜひ自分好みのGSX250Rに仕上げてみてくださいね。悩む時間もきっと楽しいと思います〜!

今回紹介したカスタムパーツ

おすすめの記事

ミラーレス 一眼 カメラ おすすめ 初心者 中級者 フォトグラファー
【フォトグラファーが厳選】おすすめのミラーレス一眼カメラ5選。初心者から中級者まで扱いやすい機種とは?初めてのミラーレス一眼カメラを選ぶ際の悩みを解決するべく、初心者から中級者まで扱いやすいおすすめのミラーレスをフォトグラファーが5種類に厳選して紹介します。...

おすすめのミラーレス一眼カメラ5選。初心者から中級者まで扱いやすい機種とは?

カメラグッズ おすすめ まとめ 人気 アクセサリー 初心者
カメラグッズのおすすめを総まとめ!初心者から中級者が揃えたいアクセサリーを厳選カメラグッズの種類は膨大。本記事では、まずは揃えたいカメラグッズと、あると便利なカメラグッズをフォトグラファーが厳選してまとめました。様々なカメラグッズを試してきたので、選りすぐりのカメラバッグばかりです。...

カメラグッズのおすすめを総まとめ!初心者から中級者が揃えたいアクセサリーを厳選

カメラレンタル サブスク おすすめ 比較 1日 1ヶ月
【1日から1ヶ月まで】おすすめのカメラレンタル・サブスクサービスを徹底比較!カメラレンタル・サブスクサービスを選ぶには3つの重要なポイントがあります。この記事ではおすすめのカメラレンタル・サブスクサービスを5種類に厳選して、選ぶポイントとともに紹介します。...

おすすめのカメラレンタル・サブスクサービスを徹底比較!

ABOUT ME
ヒロ
フォトグラファー / ライター / 潜水士(フリーランス)|1993年生まれ|ノマド|散歩、昼寝、ビール、読書、バイク、オードリーが好き|お問い合わせ仕事のご依頼
Amazonプライム会員のメリット