noteで「20代後半のオピニオン」「フォトエッセイ」「フェティシズム」をブログとは違う視点で執筆中

沖縄の阿嘉島で癒されよう!満点の星空と絶景ダイビングがおすすめ

あなたは阿嘉島をご存知ですか?

沖縄県の慶良間諸島にある阿嘉島は、ケラマブルーと呼ばれる世界でもトップレベルの透明度を誇る海で、世界中からダイバーが集まります。

今回は、その阿嘉島の鮮やかな水中世界をご紹介します。

 

ちなみに掲載した写真は全てわたしが撮影しました。

写真のご依頼はこちらのサイトのお問い合わせから

 

わたしの使用器材一覧はこちらで公開してます。

あわせて読みたい
月1ダイバーのおすすめ器材!ダイビング持ち物リスト「ダイビングでは器材選びがもっとも重要である」 慣れた器材は、余裕をもったダイビングにつながります。 どうも、ダイビ...

阿嘉島の基本情報

慶良間諸島には阿嘉島の他には、渡嘉敷島、座間味島などがあります。

阿嘉島の隣には慶留間島と外地島があり、橋がかかっているため陸路で渡ることができます。

そして、人口は300人ほどの静かで落ち着いた島です。コンビニも信号もありませんし、スーパーというか商店が2件あるのみです。

阿嘉島の周りには50箇所以上のダイビングポイントがあり、日々ガイドが開拓しています。

砂地が広がる場所が多く、透明度を活かしたワイド系や洞窟の光のカーテンなど、多様なスポットが数多く存在します。

阿嘉島へのアクセス

船とヘリが運行されていまして、基本的には船で行くことができます。

ヘリは、予約制でチャーターが可能ですが、値段が高いです。

 

沖縄本島の那覇空港より車で20分ほど行ったところにある、泊港から運行されているフェリーざまみとクイーンざまみ(高速船)があります。

移動時間はフェリーざまみは約90分、クイーンざまみは約30分です。

 

2月前より予約が可能となります。夏のトップシーズンは予約が取れずに船に乗れないことがありますので、必ずお早めのご予約を。

阿嘉島へのフェリーと高速船のダイヤはこちら

阿嘉島の醍醐味

阿嘉島では、ほぼ100%ボートダイビングであり、ショップごとに専用の船を所有している場合が多いです。

ポイントによっては20分以上かかる場合がありますが、他の島への遠征を除いて阿嘉島発のダイビング専用。

那覇のショップから阿嘉島周辺へダイビングに来られるが、このような専用ポイントへは行けないようになっています。

 

そして、移動中に器材のセッティングを各自で済ませ、ポイントに到着後にガイドのブリーフィングを聞き、順番にエントリー。

砂地が一面に広がっていたり、数多くのサンゴも存在します。

水中洞窟やドロップオフ、時たまうねりが入るポイントなど、盛りだくさんです。

下曾根中毒に注意!

阿嘉島限定のポイントとして、「下曾根」があります。

海況次第でうねりや流れがキツくなる、中~上級者向けポイントです。

イソマグロが泳いでおり、巨大なロウニンアジが接近してきたり、水深が深いポイントもあるので、ホワイトチップシャークなど大物が見ることができます。

そのため、下曾根にハマって中毒になるひとも続出しています。笑

 

阿嘉島の生物

沖縄固有種や他の海域ではレアな魚もたくさん存在しているのが魅力。

「ファインディング・ニモ」で有名なカクレクマノミを含めた、日本で見ることができる6種類全てのクマノミが、ここ阿嘉島で見ることができます。

 

また、下曾根のようなイソマグロが泳ぎまわるエリアや沖縄の料理で有名なグルクンの群れも形成されて魚の種類が豊富です。

冬にはザトウクジラのホエールウォッチングが可能。繁殖のために毎年訪れ、”ラブソング”を歌うとされています。

阿嘉島にはアオウミガメが住んでいる!

阿嘉島の港から近くの浜にアオウミガメが住んでいる場所があります。

シュノーケルでも行くことができ、遭遇率は高いです。

 

また、ダイビング中も度々会うことができて、ひとに慣れているのかすぐに逃げ出すことはありません。

ナイトダイビングで普段とは違う魚たち

阿嘉島では、ナイトダイビングも日によっては開催されます。

日中のダイビングが終わり、休憩後に日が沈んでから開始されます。

 

一般のナイトダイビングと違うのは、夜行虫が見られるということです。

みんなで同時にライトを消して、手を動かすと夜光虫が反応して青く光ります。

全てが真っ暗な世界も不思議な感覚で、夜光虫のおかげでさらに幻想的になります。

阿嘉島のダイビングショップ【シーサー阿嘉島店】

シーサーは沖縄にいくつかあるショップです。

阿嘉島店はダイビングショップにペンションが併設されているため、便利です。

 

ガイドの方はスペシャリストかつ丁寧で信頼できる方たちばかりです。

なぜなら、海況やポイントを完璧に把握しており、移動中の器材準備もさりげなく誘導してくれるため、ダイバー自体の自立を促し、エントリーまでスムーズです。

1週間ほど滞在すると、ダイバーのみなさんが無駄のない動きになっていきます。笑

決して、口うるさくしているわけではなく、あくまでも”さりげなく”といったことがプロです。

トップシーズンの7~9月は半年前から予約が埋まる場合がある人気店です。

ご予約はこちらから

ペンションに屋上ジャグジー付き

ペンションの屋上にジャグジーが付いています!

年中お湯ですが、夏場でも快適ですよ。

 

一緒の船になったひととジャグジーに浸かりながら、ダイビング中に見た魚や体験の話をすることが楽しみにも。

アクセス

予約すると、フェリーの到着とともに送迎をしてくれます。

歩くとおおよそ20分です。

阿嘉島の観光

阿嘉島というとダイビングが有名ですが、静かでシンプルな暮らしも楽しんでみませんか?

時おり、天然記念物のケラマ鹿が道路に現れ、ハート模様のお尻をこちらに向けて振り返って見てきます。

原付で島を一周する

島内にレンタルバイク屋が一件あります。

原付を借りることができるので、島を一周したり、隣の慶留間島や外地島に行くことができます。

綺麗な海に囲まれて、風を感じるのは爽快。

満点の星空を眺める

阿嘉島では夜になると星たちがはっきりと光り始めます。

周りに光源が少ないので、はっきりと見えます。那覇の光がわかるぐらいです。

 

先ほどのペンションの屋上のジャグジーから星空を眺めて、ビールを飲んでいると幸せな気持ちが込み上げてきます。

はっきり言って”最高”です! 他に何もいらないと感じる瞬間です。

 

ちなみにシーサー阿嘉島店は不定期で「Star☆tour」、ダイビングガイドが今度は星のガイドをしてくれます。

一生懸命覚えたそうです。笑

 

一度行った時はギターで弾き語りできるかたがいたので、歌を聴きながらみんなで星空を眺めていました。

その時歌ってくれた「島唄」を聴いていたら涙が流れていました。

初めての経験です!

 

阿嘉島にはそれだけの魅力やひとがいるんです。

リピーターになる海、それが阿嘉島

阿嘉島では頭をからっぽにして、ダイビングとスローライフを楽しむことができます。

ダイビングを始めたてのひとは、万が一ダイビング以外のことをしたくなったときに手段がないので、おすすめはしません。

しかし、長期滞在でダイビング漬けになりたいひとにはおすすめです。

今年は何月に行こうかな。

 

それでは、素敵なダイビングライフを!

 

 

ABOUT ME
ヒロ
1993年静岡生まれ|フリーランスの 水陸写真家 / 潜水士 / ライター / クリエイター|沖縄本島在住|海外移住・表現活動する20代に「自ら行動して背中を見せていくこと」を軸に情報を発信|バルセロナを生活の拠点にします|オーシャナ / 移住雑誌 / ぱくたそ / VR 撮影等|個室でしか寝れない派です|お問い合わせお仕事のご依頼note
\ お仕事のご依頼を受け付けています /

 

英語学習が苦手な私でも継続できている「スタディサプリENGLISHの日常会話コース」

 

\ noteで少し違ったトピックを書いてます /

 

\ SUZURIで写真グッズ販売中!! /