noteで「20代後半のオピニオン」「フォトエッセイ」「フェティシズム」をブログとは違う視点で執筆中

伊豆ダイビングのおすすめは大瀬崎【ダイバーの聖地】

キンギョハナダイの乱舞、アオリイカの産卵、神出鬼没のジンベエザメ。多様な生物が集まる大瀬崎(おせざき)。

今回は、伊豆でおすすめのダイビングスポット、大瀬崎をご紹介します。

 

▼わたしの使用器材一覧はこちらで公開してます。

あわせて読みたい
月1ダイバーのおすすめ器材!ダイビング持ち物リスト「ダイビングでは器材選びがもっとも重要である」 慣れた器材は、余裕をもったダイビングにつながります。 どうも、ダイビ...

ダイバーの聖地『大瀬崎』

大瀬崎は富士山を望む絶景や透明度の高い海水、ランダムに現れる多様な生物が魅力。

 

静岡県沼津市にある、駿河湾にとびだした岬の周辺のダイビングスポット。

所々、サンゴが顔を覗かせており、色とりどりのウミウシや泳がずに海底を歩くカエルアンコウが見られるなど、訪れる人を飽きさせません。

 

関東および東海では、ダイビングライセンス取得の際の海洋実習先に大瀬崎が選ばれることがよくあります。

なぜならば、「湾内」は陸に囲まれているために台風が直撃しない限りは、天候に左右されることなく年中穏やかな海況を保っており、実習に向いているからです。

つまり、ダイバーにとっては大瀬崎が初めてのダイビングスポットとなる場合があります。

また、基本的に透明度は高いが、日によっては5mほどでいわゆる”みそ汁”状態で視界不良の時も。

大瀬崎は初心者ダイバーのダイビングを印象付ける重要な海となりうるわけです。

海の生物の宝庫

日本の魚類の約50%が生息すると言われる駿河湾に面しており、一年を通して様々な生物が出現します。

海洋実習で使われるポイント「湾内」はベニカエルアンコウ、ウデフリツノザヤウミウシ(通称ピカチュウ)などのマクロ系生物が一通りは観察できます。

そして、湾内の水深が深いポイントでは空き缶やビンの中に人気のミジンベニハゼが住んでいます。

 

大瀬崎神社の境内を通って辿り着くポイント「先端」では、ゴロタを越えると傾斜面となっており、水深も深くなっています。

キンギョハナダイ系が多く、水中で色鮮やかな世界が広がっています。

 

さらに、大瀬崎は時期によって、またはランダムでレアな生物が頻繁に出現します。

アオリイカの産卵やマンボウは年に1度ほど見られる光景であり、過去にはジンベエザメやクジラの仲間も観察できたこともあります。

それが海の生物の宝庫と言われる所以です。

伊豆のダイビングスポットは大瀬崎がおすすめ

多様な生物や安定した海峡があるからこそ、何度も訪れてしまう大瀬崎の海。

大瀬崎の中でもやはり「湾内」はベテランダイバーにもおすすめです。

マクロ系生物と、訪れるたびに変わる生物たちに心を奪われます。

もし、海洋実習で運悪く濁っていたとしても、普段からそういうわけではありませんので、懲りずに大瀬崎に行ってください。

ダイビングスタイル

基本的なポイントはビートエントリーで、外海だとゴロタが多少あるが、エントリーはしやすいです。

現地型ダイビングショップを利用すれば、セルフダイビングも可能。

セルフダイビングの練習としても、大瀬崎の「湾内」はおすすめポイント。

なぜなら、海中の目印が多く、海況も安定しているため、迷ってしまっても浮上して岸を確認すれば良いからです。

ナイトダイビングも季節やイベントによっては開催されます。

ポイントは大きく分けて二つ、「湾内」を中心とした”内海側”と「先端」や「柵下」などの”外海側”に分かれています。

マクロ系をじっくり楽しむor撮影する場合は”内海側”、ダイナミックな景観とマクロ系を同時に楽しむなら”外海側”を選ぶと良いでしょう。

大瀬崎へのアクセス

伊豆の西海岸に位置しており、西伊豆と呼ばれるエリアです。

沼津市内より車で一時間ほどかかります。

電車の場合は、JR三島駅より伊豆箱根駅乗り換えで伊豆長岡駅下車、その後は車か送迎になります。

または、本数は少ないですがJR沼津駅より東海バス出ています。

シーズン

伊豆の水温は陸上と比べて、2~3月遅れてきます。

ウェットスーツとドライスーツを間違えないように、しっかりと対策しましょう。

ざっくり言うと、

◆12月~6月はドライスーツのシーズン

◆7月~11月はウィットスーツのシーズン

コツは水中は2~3月温度が遅れていることを意識することと、ダイビングショップのひとに問い合わせることです。

ダイバーの聖地でリピーターになろう!

マクロ派やベテランダイバーにもおすすめなダイビングポイントは大瀬崎です。

そして、毎回の変化を楽しめるので、いつものポイントに飽きてしまったひとや、しばらく大瀬崎に行けていない人は、この機会にぜひ、潜ってみてください。

 

それでは、楽しいダイビングライフを!

ABOUT ME
ヒロ
1993年静岡生まれ|フリーランスの 水陸写真家 / 潜水士 / ライター / クリエイター|沖縄本島在住|海外移住・表現活動する20代に「自ら行動して背中を見せていくこと」を軸に情報を発信|バルセロナを生活の拠点にします|オーシャナ / 移住雑誌 / ぱくたそ / VR 撮影等|個室でしか寝れない派です|お問い合わせお仕事のご依頼note
\ お仕事のご依頼を受け付けています /

 

英語学習が苦手な私でも継続できている「スタディサプリENGLISHの日常会話コース」

 

\ noteで少し違ったトピックを書いてます /

 

\ SUZURIで写真グッズ販売中!! /