noteでは「20代後半のオピニオン」「国内外移住先のエッセイ」「フェチズム」をブログとは違う視点で執筆中

フリーランスは休日を設定して、ダイビングをしよう!【普段と違う体験をすべき】

フリーランスになりたての方!休日を作らずに1日中作業していませんか?

駆け出しフリーランスは、焦りからずっと仕事をしがちですよね。わたしもそうでした!

 

どうも、Web系フリーランスダイバーのヒロ(@fcbjstiha)です!

会社員時代は仕事が大嫌いだったので、とにかく仕事を効率化・テンプレ化して定時に帰ることのみを目的に仕事をしていました!笑

しかし、フリーランスとして活動し始めると仕事が楽しくなり、休日や休む時間を設けずに仕事をずっとやっていました。

モチベーション高く頑張っているので問題はなくむしろ良いことだと思っていました。

 

しかし、毎日気だるさを感じてタスクの処理が終わらなくなってきたので、

ヒロ
ヒロ

この生活を変えていかないとな…

と思い、フリーランスの休日を設定したり、趣味であるダイビングの回数を増やしてリフレッシュをするようになりました。

 

そのときに、Web系フリーランスにとってダイビングなどで違う景色を見ることや休日の重要性を再確認できました。

おかげで、毎日気だるさも感じずに頑張れています!

 

さて、今回の記事は

  • 駆け出しフリーランスで、上手く休むことができていない
  • Web系の仕事で毎日パソコンと向き合っているのでリフレッシュしたい
  • 体を動かしたりすることが好きじゃないが、何か活動的なことをしてみたい

こんなお悩みを持つ皆さんに向けて、上手く休日を設定してリフレッシュしているWeb系フリーランスのダイバーがお伝えしていきます。

 

具体的には、

  • フリーランスの休日にはいつもと違った体験や行動をするべき
  • フリーランスが休日を設定するメリット
  • 休日のルールについて

をわたしの体験談を含めてご紹介します。

 

3分ぐらいでサクッと読めますので、少しでも休んで効率良く仕事をするために、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです!

フリーランスの休日には普段と違う行動の”ダイビング”をしよう!

フリーランスになると、休日や休む時間を自分で管理しないと誰もやってくれません。

土日であろうが年末年始であろうが、関係ないんです。

 

休日には自分の好きなことをして、自己実現やリフレッシュをすることが良いと思います。

そのなかで、特にWeb系のフリーランスがダイビングをするべきだと思ったので理由を解説していきます!

 

▼ダイビングライセンスの取り方はコチラで解説しています。

あわせて読みたい
累計130本の月1ダイバーが教える、ダイビングライセンスの取得方法【2019年最新版】『聞こえるのは自分の呼吸音だけ。』 スキューバ・ダイビングをしていると自然と呼吸が深くなって、段々と落ち着いていきます。 無...

PCやスマホから離れられる

Web系フリーランスはどこでも仕事ができるのが、強みのひとつですよね。

でも、今日は休むと決めても、ついつい仕事を始めてしまったりするものです。

 

ダイビングをすれば、潜っている時間・休憩・準備などを含めると半日以上使うので、パソコンやスマホをしている余裕はありません。

つまり、ダイビングの予定を入れてしまえば、休日を確保できますよ!

普段と違う体験をする

ダイビングは自然を感じることができるので、非日常の世界です。

普段の作業場所や自宅から離れると、違ったアイデアが出やすくなったり、新しい発見があり、凝り固まった思考の整理に役立ちます。

 

フリーランスは趣味を仕事にしていることも多いので、マネタイズしない趣味を持つと心の安定にも繋がります。

 

▼国内でダイビングなどのアクティビティを予約するならコチラ!

「そとあそび」でアクティビティを予約する

フリーランスが休日を設定するメリット

1日中働いていると集中力が落ちてしまいます。

色んな先輩フリーランスに聞きましたが、どの方も休日を作ることの重要性と倒れてからでは遅いと言っています。

さらに、モチベーションも失いがちで、何をしているのかわからなくなってしまいます。

短期的にみると稼ぎは少なってしまうかもしれませんが、長期的にみると体を壊して休まざるを得なくなるよりは良いです。

いつでも休日にできる

仕事の納期・やるべきことを守っていれば、休日をいつ取っても大丈夫なところがフリーランスの良さでもあります。

たとえば、旅行の場合は人が少ない平日や大型連休のあとを休日にすれば、

  • 人が少ないのでストレスも少ない
  • 航空券やホテルの値段が安いし、直近でも空きがある

などのメリットがあります。

フリーランスの利点を有効活用しましょう!

自己成長の機会になる

フリーランスをしていると、アウトプット中心になりがちです。

新しいスキルや知識を取り入れて、自分を価値をさらに高めましょう!

一旦自分を振り返って目標の再設定をするとやるべきことも明確化してきます。

休日を取る際のフリーランスのルールについて

フリーランスは自分で休日を設定できる分、予定がある日を除いて意識的に休むことができない方も多いのではないでしょうか。

そこで、休日に関してのマイルールを決めることをおすすめします。

それでは具体的にやっていることを紹介していきます!

 

ちなみにわたしは朝型生活をしていますが、そちらもマイルールを決めて実行しています。

▼朝型生活へのシフトの仕方はこちらで公開しています

あわせて読みたい
夜型でも実践できる!早起きのコツとは【二度寝を防ぐには就寝時間を決めること】 【朝型生活に至るまでに参考に読んだ本リスト】 ▽【図解】「朝に弱い」が治る本 ▽スタンフォード式 最高の睡眠 ...

毎週同じ日を休日にする

どの曜日が自分にとって休みに向いているか試行錯誤中ですが、週に一度は休日に設定しています。

わたしは、1週間のサイクルで目標設定しているので、毎週決まった日が休日の方がペースを把握できるので、目標を立てやすいです。

休日が決まっていると、だらだら毎日仕事をしていく悪循環に陥らないのでおすすめです。

日曜日は、1週間の振り返りをして午後は休む

フリーランスでは自己管理が大事ですので、日曜日を1週間の最後と捉えて目標の振り返りと方向性の修正などを行なっています。

そして、振り返りの後は午前中は仕事をして、午後は休みます。

 

日曜日は次の1週間を効率良く過ごすための準備の日にしています。

だいたいは、自己成長のために本を読んでいます。

まとめ:フリーランスの休日には”ダイビング”が最適だった

さて、最後にまとめます。

まとめ

フリーランスの休日に普段しないダイビングをすることで

  • PC・スマホから離れられる
  • 普段と違う体験で新しいアイデアが生まれやすくなる

ことです。

 

そして、フリーランスが休日を設定するメリットは、

  • いつでも休日にできる
  • 自己成長の機会になる

ことです。

 

フリーランスの休日を設定するコツは、

  • 毎週同じ日を休日にする
  • 日曜日は、1週間の振り返りをして午後は休む

の2つです。

休日については、まだまだ試行錯誤を続けていきます。

体を壊してからでは遅いですからね!

 

それでは、健康的なフリーランス生活を!

ABOUT ME
ヒロ
水陸写真家 / 潜水士 / Webライター / Webクリエイター|Google認定フォトグラファー|海外移住・表現活動する20代に「自ら行動して背中を見せていくこと」を軸に情報を発信|バルセロナを生活の拠点にします|オーシャナ / 移住雑誌 / ぱくたそ / VR 撮影等|Roamer's オウンドメディア / コミュニケーションラボ 担当|個室でしか寝れない派です|お問い合わせお仕事のご依頼note
\ お仕事のご依頼を受け付けています /

 

英語学習が苦手な私でも継続できている「スタディサプリENGLISHの日常会話コース」

 

\ noteで少し違ったトピックを書いてます /

 

\ SUZURIで写真グッズ販売中!! /