noteで「20代後半のオピニオン」「フォトエッセイ」「フェティシズム」をブログとは違う視点で執筆中

スペインのバルセロナで感じる芸術とローカルな体験

情熱の国スペイン。
スペインの第2都市バルセロナは温暖な気候と陽気な人々、サッカーが日常にある文化などが混ざる人気の観光地です。

ヨーロピアンな街並みと有名観光地は、ほぼ全て中心部に密集していてアクセスの良さを感じます。
スペイン料理も日本人好みの味付けで、バルをハシゴするのも楽しいです。

しかし、海外旅行で通常の有名地巡りの観光だけって、何だか飽きてきませんか?
「せっかくならローカルな体験もしてみたい!」
「有名観光地を抑えつつ、穴場な観光地も知りたい。」
こんな悩みを持つあなたに向けて、「在住者目線のバルセロナのおすすめスポットとローカルな体験」をご紹介します。

 

参考:【在住経験者が教える】バルセロナのホテル・宿泊を予約できる3サイトを徹底比較
参考:バルセロナの1ヶ月間試住体験レポート

アントニ・ガウディの作品群から知るバルセロナの建築

バルセロナで最も有名な観光地といえば「サグラダ・ファミリア」。
定番ですが、絶対に外さない場所でもあります。
他には「グエル公園」や「カサ・ミラ」なども知名度が上がってきています。

全て、スペインのカタルーニャ出身の建築家アントニ・ガウディの作品です。
これらの作品は「アントニ・ガウディの作品群」という名前で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

間近で見ると、その細かい装飾や美しさに心を奪われます。
特にサグラダ・ファミリアは想像以上に感動する建造物で、私も勝手に惚れ込んでしまいました。

ステンドグラスの光が差し込み美しい(サグラダ・ファミリアの内部)

今だに建築中のサグラダ・ファミリアは、毎日少しずつ変わっていきます。
ガウディが亡くなった後も後継者によって続く、その終わらない芸術の魂に強く惹かれたのかもしれません。
完成予定は2026年ですので、その前に1度訪れることをおすすめします。

そして外観は無料ですが、ぜひ中に入場して塔に登ってみてください。
バルセロナの街並みが一望できますし、今だけしかみられない建築中の姿が見られます。

市街地の中心に位置している(受難のファサードからの眺め)

生誕のファサードと受難のファサードの2種類の塔があって、塔の内覧付きチケット一枚につきどちらかしか選べません。
しかも登る時間も決まっているので、公式サイトから事前に予約しておくとスムーズです。

参考:La Sagrada Família Barcelona(公式サイト)

カルメル要塞の丘で、お酒と夕暮れと夜景と

バルセロナの街並みを一望できる穴場のスポットとして、ローカルに人気なのが「カルメル要塞」。
近年日本人に人気の「グエル公園」の近くです。

ほぼ360度バルセロナを見渡せるようになっており、平日休日もゆったりした時間が流れているので、私のお気に入りの場所でもあります。

サグラダ・ファミリアは夜でも目立っている(カルメル要塞からのバルセロナの夜景)

おすすめの時間帯は日が沈む直前です。

ローカルが集まる丘には、歌ったりギターを奏でたり、寝っ転がりながらおしゃべりをしたり、各自が素敵な自由な時間を楽しんでいます。

そして、セルべサ(ビール)とオリーブなどのピンチョス(おつまみ)を持参して、お酒を楽しみながら夕暮れと夜景に染まるバルセロナの街並みを眺めるのがローカル流なのです。

入場料もかからず、観光客も少ないので穴場なスポットですよ!
カタルーニャ広場からバス一本で行けます。

パエリア料理教室で本場のスペイン料理と国際交流を体験

観光地を巡ったあとは、現地でしか味わえない体験型観光がおすすめ。
体験に参加すれば、世界中から集まる観光客とスペイン人ホストと国際交流もできちゃいます!

特にスペインならではの「パエリア料理教室」ならスペイン料理も楽しみつつ、レシピも学べるんです。

パエリアは豪快にかき混ぜて仕上げる(Airbnbのパエリア教室)

料理を一緒にすると、たとえ言葉が通じなくても不思議と仲良くなれてしまうもの。
スペインのお酒「サングリア」も入れば、どんどん話は弾みます。

 

今回はAirbnbの体験予約から選びました。
実は民泊で有名なAirbnbは、ローカル体験を予約できるプラットフォームも提供しているんです。

Webで予約と決済ができてしまうので、当日指定の場所に行くだけで手間いらず。
料理教室以外も様々な体験できるため、ぜひ1度見てみてると合う体験があるかもしれませんよ。

参考:Airbnb(クーポン付きURL)

ダリが愛したコスタブラバで、カタルーニャ人ダイバー御用達のダイビングへ

街並みを見てとローカル体験をしたら、水中の世界も試してみませんか?
バルセロナから北上すると同じカタルーニャ州の街ジローナでは、ダイビングができるんです。

カタルーニャ人ダイバーには人気ですが、ダイバー以外にはあまり知られていない超ローカル体験。

ダイビングスポットである「Tossa de Mar」は、画家のダリが愛したと言われる海岸線「コスタ・ブラバ」にあります。

このコスタ・ブラバは、知名度があるのでローカルには知られています。
海岸線を歩くだけでも気持ちが良いですよ!

水中では、エイやウミヘビなど豊富な生物や魚の群れで賑わっています。
ダイビングライセンスを取得していれば、旅行先で水中世界も楽しめるんです。

特別な経験はバルセロナの一生の思い出となるでしょう。

今回使ったダイビングショップは、予約もWebでできますので簡単です。
スペイン語だけではなく、英語でやりとりもできるのでご安心ください。

参考:累計130本の月1ダイバーが教える、ダイビングライセンスの取得方法【2019年最新版】
参考:ダイビングショップ「4alldivers」公式サイト

バルセロナという”街”の暮らしが探究心をくすぐる

街並み・自然・海があって、料理も美味しくて、コンパクトで交通機関も揃っていて移動しやすい、人も暖かい…
バルセロナに1度来るとすっかり惚れ込んでしまう人も多い、魅力的な街です。

今回のコースでバルセロナの街の暮らしを知れば、きっと「また来よう。」と思ってしまうかも。

 

私はバルセロナの長期移住を目指して活動しています。
ぜひ、バルセロナでお会いしましょう!

参考:ヒロのプロフィール

ABOUT ME
ヒロ
1993年静岡生まれ|フリーランスの 水陸写真家 / 潜水士 / ライター / クリエイター|沖縄本島在住|海外移住・表現活動する20代に「自ら行動して背中を見せていくこと」を軸に情報を発信|バルセロナを生活の拠点にします|オーシャナ / 移住雑誌 / ぱくたそ / VR 撮影等|個室でしか寝れない派です|お問い合わせお仕事のご依頼note
スペイン短期移住のまとめ記事

スペイン移住なら最初は短期がおすすめ!準備や現地情報を公開します

 

英語学習が苦手な私でも継続できている「スタディサプリENGLISHの日常会話コース」

 

\ お仕事のご依頼を受け付けています /

 

\ noteで少し違ったトピックを書いてます /

 

\ SUZURIで写真グッズ販売中!! /