noteで「20代後半のコラム」「偏愛」「フォトエッセイ」をブログとは違う視点で執筆中

5ヶ国居住経験者が語る!初めての海外旅行の不安を取り除く方法・アプリ・サービスまとめ【英語力は関係ない】

海外旅行に行ってみたいけど、英語話せないし休みも少ないからしばらくは無理だろうな…
私も会社員時代に同じことを思っていましたし、周りでもよく聞きます。

¡Hola! スペインを含めた5ヶ国に短期移住した経験がある、水陸写真家のヒロ(@hiro_hasuike)です。

今は海外の居住経験があるため海外への不安はほとんどありませんが、昔は怖がっていました。
4ヶ月ほど海外にいて帰国してから友人と話して思ったことは、海外旅行に対してハードルを上げすぎていること。

私は部屋も個室じゃないと寝れないし、お腹も弱く好き嫌いも多いから現地のご飯も合わないことが多いし、すぐに人と仲良くなれるタイプでもありません。英語も勉強はしていますが、いまも全然カタコトで喋ってます。

それでも海外に住むことができた理由は、アプリやサービスを駆使して海外に行くハードルを下げて、現地で様々なことを経験した自信があるからです。

現代は様々なアプリやサービスの登場で、ツアーに申し込まなくても誰でも気軽に海外旅行をしたり、短期間住んだりできる時代になってきています。

そこで今回の記事は、

  • 海外旅行って行ってみたいけど怖いな…
  • 英語力がないと海外旅行は無理じゃないの?
  • 初めての海外旅行は不安だから対策したい!

このようなお悩みを持つあなたに向けて、5ヶ国に居住した経験を持つ私が「初めての海外旅行の不安を取り除く方法・アプリ・サービス」をご紹介していきます!

海外旅行は難しくない!3大不安要素に回答

日本は島国で陸路で海外に行くことはできませんが、実は日本人は世界でも最も海外旅行しやすい民族。

日本人のパスポートは、ビザ(入国の事前申請)なしで入国できる国は190ヶ国を超えており、世界で最も信頼度が高くなっているからです。

この数字は凄いことで、私の友達のフィリピン人のパスポートでビザなし入国できる国は70ヶ国以下と少なく、海外旅行に行くために事前に面倒な申請をして準備をしても却下されたり、旅行までに間に合わなかったり、行くだけでも一苦労になります。

他国と比べると圧倒的に海外へ行く土台は綺麗に出来上がっています。

 

しかし、いくらパスポートが最強レベルでも不安なことには変わりがないですよね。
外務省のデータでも現れていて、パスポート保有率は24%前後と国民のおよそ4人に1人しか持っていない計算です。

自国が大好きなアメリカ人でも42%前後で世界的には標準以下になるため、いかに日本人の保有率が低いかわかるかと思います。

そこで海外旅行の不安をなくすためにも、よく聞く話を順番に対策を回答していきます。

  1. 英語が話せない/自信がない
  2. 時間とお金がかかる
  3. 治安に不安がある

①英語力:あったら楽しいけどなくても問題ない

海外旅行には英語力は必要ないと私は考えています。
必要なのは、英語力よりもカタコトでもコミュニケーションを図りたい意思を伝える力や、経験値です。

楽しいかは別として、国を選んでアプリやサービスを使いこなせば、ほぼ英語を話さなくても生活できる時代になっています。

日本人同士の日本語でも、コミュニケーションが上手くいかないことだってあります。海外で母語以外で話をすることは、さらに難しいに決まっています。

英語力は気にせずに、海外に行ってみましょう!

 

ただし、英語が話せれば英語圏やそれ以外の国でもコミュニケーションが取りやすく、海外旅行がより楽しくなるのは間違いありません。

私がカタコト英語から卒業したいのも、海外の文化や人たちと話をして知見や視野を広げたいからです。

英語力の向上方法に関しては「スタディサプリENGLISHの日常会話コースは継続しやすい英語学習アプリ」でおすすめの学習アプリを紹介しています。

あわせて読みたい
スタディサプリENGLISHの日常会話コースは継続しやすい英語学習アプリ 【オススメの英語学習サービス】 ①スタディサプリ ENGLISH《英会話アプリの決定版》 TOEIC・日常会話のトピックが7日間...

②時間とお金:土日に1万(宿泊費込み)で行ける国もある

「海外旅行は、時間もお金も掛かるから今の職場にいる限りは行けない…」と考えているかもしれませんが、行けます!

極端な例にはなりますが、土日を使って1泊2日で宿泊費と航空券で1万で行くことも可能です。
ボーナスを貯めて有給を使って、ヨーロッパに行くことだけが海外旅行ではありません。

LCC(格安の航空会社)はセールをやっていることがあるため、ただでさえ安い航空券が片道5,000円以下になることも珍しくないのです。

チラッと見たところ、ピーチで羽田から台湾(台北)の便が往復5000円程度だったため、Airbnb(後述)で個室1泊3,000円の部屋を取れば、1泊2日の合計8,000円で海外旅行できます。
場所によっては国内旅行よりも安いですよね。笑

期間は無視していますし、常時セールが行われるわけではないですが、通常でも東南アジア系の国ならそこまで差はありません。

たとえ、時間もお金もなくても情報さえ知っていれば、海外旅行はできるのです。
詳しくは後ほど解説していきます。

③治安:日本より安全な国は存在しない

正直、日本より安全な国はないと思ってます。

スマホをポケットに入られてもスリ被害はないし、財布を落としても何も盗られずに帰ってくることもあります。これは海外ではありえない話です。

私の好きなスペインも軽犯罪は多く、常に警戒しているのは疲れますし、街で話しかけてくる人にも懐疑的になります。

それでも海外に行くのは、治安の心配よりも楽しさが上回るからです。異文化や見たことない景色、新しい出会いなど日本ではできない経験を求めるからです。

これらの経験は、治安の心配には勝てないでしょうか。
日本は安全と言いましたが、犯罪にも巻き込まれる可能性は0ではありません。急に事故にあうかもしれません。

もちろん、治安の状況を一切考えずに行くのは無謀です。
それでも、少しの不安を乗り越えて行った海外では、きっと素敵な経験ができます。
あなたの不安が解消できるように、ずっと海外が不安だった私が不安へ対抗できる方法をシェアしていきます。

初めての海外旅行の不安を取り除く方法:準備編

海外旅行に不安があるならば、事前の準備を確実に行いましょう。とはいえ、そもそも何を準備したら良いかわからないですよね。

ツアーに申し込むのも良いですが、個人で手配をした方が安く済んで自由も効きます。
紹介するアプリやサービスを徐々に使いこなしていけば、旅行先でも慌てることがグッと減るのです。

私が海外に行く準備の段階で使用しているサービスをご紹介していきます。

  1. スムーズな決済:楽天カード
  2. 格安航空券の検索:LCCjp
  3. 航空券の検索:スカイスキャナー
  4. 格安でローカル体験の宿泊先:Airbnb
  5. 航空券とホテルを同時予約:エクスペディア
  6. ネット環境:グローバルWiFi

スムーズな決済:楽天カード

海外旅行にクレジットカードは必須です。主な理由は以下の3つになります。

  1. 決済がとにかく楽(現金を持ち歩かなくて良い)
  2. 海外旅行保険に対応している
  3. 海外キャッシングができる

この3つを全て抑えているのが楽天カードです。
現金を持ち歩くと盗難の恐れもありますし、盗まれてもほぼ帰ってきません。
クレジットカードは、盗まれてもカード利用をストップして再発行すればダメージはほとんどなく安全です。

国や地域にも寄りますが、現金を使わないキャッシュレス社会へと世界も動いているため、対応するお店や場所も増えています。
日本でも電子マネーやクレジットカードに対応しているお店が増えていると感じます。

海外通貨は日本と全く違いますし、多言語で聞く数字は苦手な方も多いと思います。(私は苦手です…)
クレジットカードがあれば、決済もスムーズで海外旅行の不安も減ります。
日本円を両替しなくても、楽天カードのように海外キャッシングに対応していれば、現地通貨をATMから直接引き落とせます。

海外旅行保険も付いてくるため、持っていない方は作成必須の持ち物です。
ただし、楽天カードの海外旅行保険は、出国前に移動費(航空券・空港までのバス代など)を決済する必要があるため注意です。

年会費無料の「楽天カード」の公式ページ

詳しくは「スペインでクレジットカードを使うなら楽天カードがおすすめ【FCバルセロナの絵柄】」で解説しています。スペイン以外の国でもおすすめできるカードです。

あわせて読みたい
スペインでクレジットカードを使うなら楽天カードがおすすめ【FCバルセロナの絵柄】 【海外旅行に便利なクレジットカードランキング】 1位 楽天カード《年会費永年無料》 楽天ポイントが合計5,000ポイントもらえて...

格安航空券の検索:LCCjp

LCC(格安の航空会社)とは、料金が安い代わりに機内サービスや手荷物代が有料になっている航空会社のことです。
ジェットスター、ピーチ、スカイマーク、エアアジアなど1度は聞いたことありますよね。

安いため座席が狭かったり、映画が見られるモニターもなかったりしますが、長距離移動でなければ問題ないはずです。

元々安いLCCですが、度々どんでもない金額でセールをやっている場合もあります。
例えばジェットスターは以前、ラーメンセールと題して片道980円で国内線のセールを行なっていました。笑

そんなLCCのセールは、「LCCjp」でチェックしましょう。
日本発のLCCのセール情報が一括で見られるため、海外旅行の際は最初にチェックしたいサイトです。

セール期間は短いことが多く、忘れずに予約しましょう。
開始から一瞬で席が埋まる場合もあるため注意です。

「LCCjp」でLCCセール情報を確認する

航空券の検索:スカイスキャナー

航空会社のサイトから直接検索するのも良いですが、スカイスキャナーならば様々な航空会社を比較することができます。

スカイスキャナーは、航空ルートの検索と値段の比較、予約完了まで一括でできてしまう便利なサイトです。

希望地の便がどの航空会社から出ているのか調べるだけでも、利用価値は高いです。
そして、他の比較サービスよりも優れている点は、検索機能が豊富なこと。

「いつでもいいし、どこでも良いから海外に行きたい!」なんて思っていても適切な場所を見つけられるのです。

目的地を「目的地が決まらない?(全ての場所)」にして、出発日を「月全体」を選んで「最安値の月」を選べば、出発地から安い順に航空券を検索できます!笑

いつでもどこでもの需要は不明ですが、日本からの航空券が安い国は意外とわからないものですから、海外旅行の候補地を探す方法もアリです。

「スカイスキャナー」で航空券を検索

格安とローカル体験の宿泊先:Airbnb

海外旅行でネックなのはホテルの値段の高さ。
しかしAirbnbなら、値段も低めでローカルな体験もできてしまいます。

宿泊予約サイトですが、ホテルの他にも一般の方が部屋や一軒家を貸し出していて、そこを宿泊先として選べる民泊スタイルもあります。

ホストによっては、観光地を案内してくれたり、一緒にローカルな体験をしてくれたり、ホテルでは味わえない経験ができるのが魅力。
一方で対面せずに、メッセージのやりとりだけで済んでしまう場合もあります。

以前住んだスペインのバレンシアでは、個室の清潔な部屋で1ヶ月3.5万円の破格値段でした。
ホテルを検索して値段が高くて怯んでしまったら、Airbnbも選択肢に入れておくと海外旅行のハードルがグッと下がります。

各部屋ごとにチェックインの方法が違うため、事前のメッセージのやり取りは発生しますが、サービスは翻訳に対応しているので難しくありません。

どうしても不安ならば、国内で1度使ってみることがおすすめです。
私の紹介リンクから無料登録すると、3,700円割引クーポンがもらえるため、国内でのちょっとしたお試しに使えますよ。

「Airbnb」に無料登録して3,700円割引のクーポンを貰う

私は長期でよく使うため「海外の部屋探しにAirbnbの長期滞在割引を活用する理由【クーポン付き】」の記事で方法やAirbnb自体の解説をしています。

あわせて読みたい
海外の部屋探しにAirbnbの長期滞在割引を活用する理由【クーポン付き】『海外の部屋探しは大変!』 これまで様々な海外に在住経験のある方にお話を伺いましたが、苦労された方が多いです。 ¡Hol...

航空券とホテルを同時予約:エクスペディア

エクスペディアは、航空券とホテルをセットで同時に検索して予約できる便利なサイト。
なぜセットが良いかというと、同時予約で割引されるからなんです。

基本はスカイスキャナーで航空券の最安値を予約して、Airbnbで宿泊先を決めることが安くて濃い体験ができます。
しかし、場合によってはエクスペディアでセット予約した方が安いです。

個別の予約に不安を感じてしまうなら、エクスペディアの利用を検討してみてください。

「エクスペディア」で航空券とホテルを同時予約

ネット環境:グローバルWiFi

グローバルWiFiは、200箇所以上の国と地域に対応しているレンタルWiFiです。24時間サポートや定額制になっていて安心して使える仕組みになっています。

海外に行くと、もちろん日本の電波は入らないため、WiFiをレンタルするか現地のSIMカードを差し替えるかするのが現実的な選択肢です。

現地SIMカードの方が、WiFi機器の充電の心配をしなくて良い分便利ですが、海外旅行に慣れていない場合はレンタルWiFiの方が安心で楽な選択肢です。

特にグローバルWiFiは、主要な空港なら受け取りと返却もその場でできるため、事前に申し込んでいけば、空港で焦る必要もなくおすすめできます。

「グローバルWiFi」をレンタルする

初めての海外旅行の不安を取り除く方法:現地編

海外旅行で最も不安なことは、現地でのトラブルやアクシデントですよね。
英語が話せないならば、さらに不安です。

しかし、国を選べばほとんど英語を話さなくても旅行できてしまうようなサービスが誕生してきています。
というか言葉が要らないのでは?と思ってしまうほどです。

サービスを使いこなせるとトラブルが起きても焦らなくなります。
少しずつ慣れていきましょう。

  1. 移動:Uber/Grab
  2. 食事(デリバリー):Uber Eats/Grab food
  3. 言語:Google翻訳
  4. 観光:Google Maps/maps.me

移動:Uber/Grab

海外のタクシーがぼったくりが多い。
残念ながら、それは間違いではありません。国によりますが、メーターを使ってくれない、メーターが改造されていて値段が上がる、お釣りをくれないなど、様々なケースがあります。

私は車移動をするなら、配車アプリのUberかGrabしか使いません。
理由は以下の5つです。

  1. ぼったくりやトラブルが少ない
  2. 出発地と目的地を先に入力しておける
  3. クレジットカード登録でキャッシュレス利用できる
  4. タクシーよりも値段は安いか同じぐらい
  5. 運転手と利用者の関係性が対等

正直、タクシーを使うメリットが全くないからです。
事前決済で料金でモメることもなく、運転手の本名もわかるため、万が一トラブルがあっても運営に報告して解決できます。

乗車後に相互評価をする制度で、運転手も利用者も横暴なことをしにくく、良い評価になるとトラブルを起こす運転手も減って、会話を楽しめたり、上質な接客を受けたりできます。

目的地も設定してあるため、語学力もいりません。
良いタクシー運転手もいますが、Uber/Grabの保証された安全には叶わないです。

Uberは全世界で日本語対応、Grabは東南アジアに強く英語のみ対応です。両方ダウンロードしておくことをおすすめします。
その他にも国によって配車アプリは複数あるため、操作もわかりやすいUber/Grabで慣れておくと応用しやすくなります。

Uberは、こちらからサービス登録をすると初回の乗車が無料になるプロモーションコードが付いてくるためお得です。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

食事(デリバリー):Uber Eats/Grab food

配車アプリのUber/Grabが出している食事のデリバリーサービスがUber Eats/Grab foodです。

Uber Eatsは、すでに日本でも首都圏を中心に導入されているため、利用したことがある方もいるかもしれませんね。配達側として副業で稼ぐ人も多いです。
近くの対応レストランから好きな料理を宅配してくれます。

せっかくの海外旅行で食事を楽しみたい気持ちもわかりますが、効率的に食事をしたかったり、部屋でのんびり過ごしたいといった需要にも応えてくれるサービスです。

もはや、海外での食事でも語学力の必要はなくなりました。笑
私は1ヶ月程度の滞在が多かったため、食事に飽きないようによく利用していて、便利さを実感しています。

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

言語:Google翻訳

言語の不安はGoogle翻訳が解決してくれます。以前は便利だけど、ひどい翻訳をするイメージでしたが、精度も上がってきており、問題なくリアルタイムで使えます。

機能や対応言語も豊富です。
特に優秀な機能は以下のとおり。

  • カメラ翻訳:写真からテキストを自動で判断して翻訳
  • 音声入力:わからない表現はアプリに向かって喋ってもらう
  • 手書き入力:入力方法がわからなくても書けば判断してくれる

言語を学ぶことは素晴らしいことですし、私も学習している途中です。
しかし「とにかく伝われば良い。」「言語学習に興味がない」などの意見もあります。

どちらかが正しいわけではなくて、Google翻訳はそのような需要や、語学学習や会話を楽しむ補助として役に立ってくれるのです。

Google 翻訳

Google 翻訳

Google LLC無料posted withアプリーチ

観光:Google Maps/maps.me

目的地までのバスの時間や情報を含めたルート、観光地のリアルタイム混雑状況、レストランの場所やメニュー、最寄りのスーパーの開店時間まで、あらゆる現地情報を取得できる最強の地図アプリです。

日本と変わらない機能が使えるため、海外旅行で何か困ったらGoogle Mapsから探しましょう。
観光地を調べて経路を見れば、電車やバスのルートも出ますし、次に発車する路線までわかります。
Uber/Grabとも連携しているため、そのままアプリに移行できる優れもの。

とはいえ、無敵のGoogle Mapsにも弱点があります。一部の国ではオフラインの操作に対応していないことです。
その点、Maps meはまだまだマイナーですが、事前に地図をダウンロードしておけば、オフラインで操作もできる優れた地図アプリです。

海外旅行の前には、行き先の地図をmaps.meでダウンロードしておき、Google Mapsを基本的に使うようにすれば、安心です。

Google マップ - 乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

Google LLC無料posted withアプリーチ

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MY COM無料posted withアプリーチ

初めての海外旅行の不安を取り除く方法:その他

アプリやサービスを使いこなせば、海外旅行の不安も解消されますが、いくつか心がけをしておくと、さらに安心です。
私なりの方法をシェアしていきます。

  1. 盗難対策
  2. 最低限の英語学習

盗難対策

全体的に海外は、スリや置き引きなどの軽犯罪が日本よりも多いです。
ポケットにスマホを入れるのは当然危険で、バックパックのチャックを後ろから開けられて財布を盗まれることもあります。

以下のような対策をしておきましょう。

  • 荷物は肌身離さず持つ
  • レストランで空いている席に荷物を置かない
  • バックパックではなく、チャックが視界に入るバッグを使う
  • スマホや財布はポケットに入れない
  • 街で話しかけてくる人がいたら荷物はガードしておく

私は荷物が多いためバックパックは必須です。現在使っているバッグは、バックルがついていて簡単にチャックを開けられないようになっています。

スリが多発するバルセロナの地下鉄に日常的に乗っていましたが、1度も被害はありませんでした。
すぐに開けられないバッグがおすすめです。

▼盗難に強いバックパック

created by Rinker
サンワダイレクト
¥5,980
(2019/08/21 06:21:12時点 Amazon調べ-詳細)

最低限の英語学習

今回は英語力に不安があっても切り抜けられる術を紹介しましたし、語学学習に興味がない方もいるでしょう。

しかし英語学習をして海外へ行くと、より楽しめる幅が広がることは間違いありません。
言語によるコミュニケーションが全てではありませんが、現地の人と仲良くなりやすかったり、スムーズに旅行が楽しめたり、異文化を知ってアイデアや気付きが生まれたり、メリットは計り知れません。

私は英語学習に挫折してきたからこそ、語学力に頼らない海外旅行術を身につけたり、調べてサービスを使いこなすようになりました。

それでも英語を学ぶ意味と目的を見出して、とにかくまずは毎日続けることを目指しました。
使っているスタディサプリENGLISHは、アプリで簡単に始められて習慣にしやすく、続けることが苦ではないため、3ヶ月以上続けてこれていて、英語学習に苦手意識がある方でもおすすめです。

詳しくは「スタディサプリENGLISHの日常会話コースは継続しやすい英語学習アプリ」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
スタディサプリENGLISHの日常会話コースは継続しやすい英語学習アプリ 【オススメの英語学習サービス】 ①スタディサプリ ENGLISH《英会話アプリの決定版》 TOEIC・日常会話のトピックが7日間...

7日間無料お試し体験「スタディサプリENGLISH」

海外旅行は簡単にできる時代になっています

さて、最後にまとめます。

まとめ

初めての海外旅行の不安をなくす方法は、

  1. スムーズな決済:楽天カード
  2. 格安航空券の検索:LCCjp
  3. 航空券の検索:スカイスキャナー
  4. 格安でローカル体験の宿泊先:Airbnb
  5. 航空券とホテルを同時予約:エクスペディア
  6. ネット環境:グローバルWiFi
  7. 移動:Uber/Grab
  8. 食事(デリバリー):Uber Eats/Grab food
  9. 言語:Google翻訳
  10. 観光:Google Maps/maps.me
  11. 盗難対策
  12. 最低限の英語学習

などのサービスやアプリを使いこなすことです。

不安な海外旅行も要素を一つ一つ消していけば、対策ができて不安も消えていきます。
そして、自分でアプリやサービスを使いこなして海外に行ってみた経験は、自信にも繋がるのです。

私も最初は怖かったですし、行ってみて嫌な気持ちになった経験も落ち込むこともありました。
それでも海外に行くのは、不安を上回る楽しさや好奇心、失敗を乗り越えた先にある経験を味わいたいからです。

移住中に考えたことは、こちらのnoteでも公開しています。
今回の記事やnoteで、海外旅行への不安を解消するあなたの手助けになれば幸いです。

それでは、良い海外旅行を!
Hasta luego:)

✔️こちらの記事も人気です

ABOUT ME
ヒロ
1993年静岡生まれ|フリーランスの 水陸写真家 / 潜水士 / ライター|沖縄在住 / スペイン移住計画|日常の"鼓動"を捉えた陰影のある美しい写真を好みます|写真×文章×Webで"伝わる"情報のデザイン・整理が得意|お問い合わせお仕事のご依頼note
\ お仕事のご依頼を受け付けています /

 

英語学習が苦手な私でも継続できている「スタディサプリENGLISHの日常会話コース」

 

\ noteで少し違ったトピックを書いてます /

 

\ SUZURIで写真グッズ販売中!! /