noteで「20代後半のコラム」「偏愛」「フォトエッセイ」をブログとは違う視点で執筆中

「RICOH THETA V」徹底レビュー!水中でも使える360度カメラの魅力

「『THETA V』ってどんな特徴の360度カメラなの?」
360度カメラに手を出したいけど、

¡Hola! RICOHの360度カメラ「THETA V」を普段から使っている水陸写真家のヒロ(@hiro_hasuike)です。

その場の景色や空気感を360度まるごと映してくれるカメラは、1度手にしてみると手放させるぐらい、クセになる特徴を持ちます。

各カメラメーカーから360度カメラが発売されていますが、その中でも「RICOH THETA」シリーズは特に知名度が高く、優れた360度カメラとして人気です。

そこで今回の記事は、

  • 「RICOH THETA V」って実際どんな使用感なの?
  • 360度カメラの作例が見たい!
  • 水中で使える360度カメラって何があるのかな…

このようなお悩みを持つあなたに向けて、360度写真と動画を撮る写真家の私が「360度カメラの『RICOH THETA V』」について解説します!

360度カメラの「THETA V」とは

created by Rinker
リコー
¥44,000
(2019/12/15 19:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

RICOHから発売されている360度カメラシリーズ「THETA」の高性能かつお手頃な価格帯のモデルです。

360度のその場にいるような光景を、高画質の写真と4Kの動画に収められます。
メタリックグレーのカラーで薄型ボディであることから、撮影していてもジロジロ見られることが少なく、撮影先に溶け込みやすくなっています。

2019年に「THETA Z1」が発売されるまでは、「THETA」シリーズの最上機種でした。
現在は、ハイスペック、スタンダード、アドバンスド、フラッグシップのなかの「アドバンスドモデル」という位置付けとなっています。

専用のケースを着用すれば水中の撮影が可能です。
実際に私が撮った作例をご紹介します!

※マウスをドラッグすると映像を動かせます。

※編集上の都合で、映像の切れ目が通常よりも荒くなっています。

「THETA V」を選ぶメリット:手頃な値段かつ高性能で水中にも対応

「THETA V」は、水中用ケースを着用すれば、ダイビングの水深にも耐えうるスペックになります。

created by Rinker
リコー
¥19,500
(2019/12/15 07:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

手ぶれ補正で失敗を防ぎ、360度空間音声でより臨場感を動画与えてくれる高性能なモデルです。

最上機種の「THETA Z1」は、定価では「THETA V」の2倍近くの値段設定になっており、割高感があります。

360度カメラのスペックにこだわりたい方は、「THETA Z1」も良いですが、現状は「THATA V」の方が360度カメラの機能と値段のバランスが良くおすすめです。

さらに、「THETA Z1」に使える水中ケースが発売されていないため(2019年8月現在)、水中で360度カメラを使いたい方は、「THETA V」が最有力候補となります。

✔️「THETA V」のメリット

  • 値段がお手頃でコスパが良い
  • 手ぶれ補正や360度空間音声など高性能
  • 水中ケース着用で360度水中カメラとして使える

「THETA V」を選ぶデメリット:水中における充電の持ちが悪い

水中ではいつシャッターチャンスが来ても良いように、電源を付けっ放しにしているからか、充電の持ちは悪く感じます。

体感では2時間程度で、ダイビング2本潜る場合は、上手く使用しないと途中で充電切れを起こしてしまうのです。

他には、「THETA」シリーズに共通するデメリットですが、撮影したデータを保存する媒体がSDカードではなく、本体のストレージのみとなります。

容量は19GBであるため、通常の360度写真では問題ありませんが、動画をよく撮影するならば、こまめにデータをスマホやPCに移行する必要があります。

私は結構コレが面倒だと感じてしまいますね。「THETA Z1」でも改善されなかったため、さらなる後継機種に期待するしかありません。

✔️「THETA V」のデメリット

  • データ保存が内部ストレージのみ
  • 水中だと充電の持ちが悪い(2時間程度)

「THETA V」と一緒に購入したいアイテム

「THETA V」は、通常の一眼レフやミラーレスと比べると、アクセサリー類は少なくて済みますが、ある程度揃えた方が本体も長持ちして、機能も拡張できて便利です。

本体のソフトケースです。「THETA V」は薄型で良いのですが、レンズが剥き出しでそのまま持ち歩くのは不安があります。

キャップ付きでレンズや汚れを保護できます。

ソフトケースを付けた本体を入れるハードケースです。2重にしておけば、カバンにも安心して収納できます。

created by Rinker
リコー
¥19,500
(2019/12/15 07:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

30mの耐深機能付きの本格水中用ケースです。「THETA」シリーズは、単体で防水機能があるわけではないため、360度水中撮影を行うには欠かせないアクセサリー。

三脚にも使える自撮り棒です。水中ケースの上から装着できるため、水中の撮影にも必須のアクセサリーになります。

 

また、「THETA V」は、カメラなどの家電レンタルサービス「Rentio(レンティオ)」でお試しできます。

購入の前に使用感を知りたい方や旅行の短期間のみで使い方におすすめの方法がレンタルサービスです。
Rentio(レンティオ)」なら、水中用ケースも一緒にレンタルできます。

「Rentio(レンティオ)」で「THETA V」を探す

詳しくは「防水カメラレンタルなら「Rentio(レンティオ)」!ダイビングに対応できる充実のラインナップが魅力」の記事でご紹介しています。

あわせて読みたい
防水カメラレンタルなら「Rentio(レンティオ)」!ダイビングに対応できる充実のラインナップが魅力『旅行で防水カメラを使いたいけど、使うシーンも限られるから購入はちょっと...』 使用頻度の少ない防水カメラをお金をかけて購入するなら...

「THETA V」で360度カメラを体験してみよう

さて、最後にまとめます。

まとめ

「RICOH THETA V」のメリットは、

  1. 値段がお手頃でコスパが良い
  2. 手ぶれ補正や360度空間音声など高性能
  3. 水中ケース着用で360度水中カメラとして使える

の3つです。

 

それでは、良い写真ライフを!
Hasta luego:)

created by Rinker
リコー
¥44,000
(2019/12/15 19:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
リコー
¥19,500
(2019/12/15 07:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

✔️コチラの記事も人気です

ABOUT ME
ヒロ
1993年静岡生まれ|フリーランスの 写真家 / 潜水士 / ライター|沖縄在住 ⇄ときどきバルセロナ|日常の"鼓動"を捉えた陰影のある美しい写真を好みます|写真×文章×Webで"伝わる"情報のデザイン・整理が得意|お問い合わせお仕事のご依頼note
\ お仕事のご依頼を受け付けています /

 

英語学習が苦手な私でも継続できている「スタディサプリENGLISHの日常会話コース」

 

\ noteで少し違ったトピックを書いてます /

 

\ SUZURIで写真グッズ販売中!! /