写真

「BenQ SW270C」2年目レビュー|高コスパな写真編集向けカラーマネジメントモニター

SW270C BenQ カラーマネジメント モニター レビュー 写真 編集

「写真編集用でコスパの良いカラーマネジメントモニター」を求めている人におすすめです。

BenQ SW270Cを買ってから、2年以上が経ちました。家ではメインPCのMacBook Proと繋げっぱなしにして愛用中です。写真編集以外にも普段使いしてます。

既に後継モデルの「SW271C」が発売されていますが、倍ぐらい値段が違うので、価格面でもSW270Cを選ぶメリットがあるわけです。

カラーマネジメントモニターは小さな買い物ではありませんよね。今回は提供ではなく、「自腹購入」して2年以上経った状態で、フォトグラファーが正直なレビューをしていきます。

「BenQ SW270C」の良いところ!

  • カラーマネジメントモニターの中でも高コスパ
  • 色を忠実に表示してくれる
  • USB-CでPCへの電源供給が可能(繋ぎっぱなしで使える)

「BenQ SW270C」の残念なところ!

  • 4K対応ではない
  • キャリブレーターは別売り
  • 持ち運びしにくい

写真編集におけるカラーマネジメントモニターの役割

SW270C BenQ カラーマネジメント モニター レビュー 写真 編集

SW270Cは色を忠実に表示して管理してくれる、カラーマネジメントモニターです。

フォトグラファーやWebデザイナーなど、色味を適切に扱いたい場合に効果的なモニター(外部ディスプレイ)となっています。

なぜ色を忠実に表示したいのか。それはカラーマネジメントモニターを使うことで、自分が意図した表現や仕上がりの基準を作れるからです。

たとえば、写真の色味や明るさなどを細かく調整するレタッチをしても、PCやスマホ、タブレットなど、表示する媒体によって表示される色は微妙に変わってしまいます。

ヒロ
ヒロ
Instagramに投稿した自分の写真をスマホで見ると「あれ、なんか違う」って感じることないですか?

実際に写真が表示される媒体は予想できないからこそ、正しい色を出せるカラーマネジメントモニターを使って、自分の表現の基準を作っておくわけです。

特に仕事として写真を扱う人は持っておきたいモニターです。ほかにも、僕のように普段ラップトップを使っている人からすると、画面が大きくレタッチ作業がしやすいモニターは、単純に便利なんですよね。

SW270Cのメリット

SW270C BenQ カラーマネジメント モニター レビュー 写真 編集

「BenQ SW270C」の特徴を並べていきます。

  • 27インチの大きさ
  • WQHD(2560×1440)の解像度
  • Adobe RGB 99%、sRGB・Rec.709 100%、DCI-P3/Display P3色域 97%までカバーしている
  • 60WでUSB-Cの給電が可能
  • 高さ、向き、角度の調整が可能
  • 組み立て式の遮光フード付き

色を忠実に表示してくれる

まず、カラーマネジメントモニターで最も大切な「色の再現性」は、間違いないです。BenQ製品の中で、プロ向けに色再現にこだわったシリーズの「AQCOLOR」であり、広色域対応のモニターとなっています。

Adobe RGB 99%、sRGB・Rec.709 100%、DCI-P3/Display P3色域 97%など、様々な色域までカバーしているんです。写真や動画、デザインなど、繊細な色調整ができるため、クリエイター向きとなっています。

USB-C給電でMacBookとの相性が抜群

SW270C BenQ カラーマネジメント モニター レビュー 写真 編集

SW270CはUBC-C搭載なので、MacやMacBookと繋げて使うのに適しています。USB-Cのケーブル一本でPCと繋げられる上に、60Wの電源供給もできるため、常時繋ぎっぱなしで安定して使うことができるんです。

これが凄く便利なんです。USB-C非対応だと、データ転送と給電用、映像用など、複数のケーブルを使わないといけないところが、一本で済む。

さらに60W給電なので、ハイスペックなPCでも100%をキープしなまま、使い続けられる。60W以下だと状況によっては徐々に充電が減ってきますからね。

ちなみに地味に嬉しかったのが、Apple系の「Night Shif」モードをモニター上でも適用してくれること。Night Shifって、指定した時間になると画面の色を暖色系にしてくれる機能です。

要はブルーライトカットに近い機能なのですが、SW270Cに繋いだ状態でも、きちんと反映してくれます。普通の外部モニターとして使う場合でも大丈夫。

SW270CとSW271Cの違い(コスパが良い)

SW270Cには後継機のSW271Cが出ています。SW271Cは待望の4Kに対応して解像度は上がりましたが、DCI-P3/Display P3色域が97%から90%に落ちるなど、スペックの違いがあります。

注目したいのはコスパです。SW271Cと比べるとSW270Cは解像度は落ちますが、色再現度は一部勝っている上に、価格が段違いに安いです。

型落ちしたとはいえ、全く問題ないスペックを持っているため、コスパを考えるとSW270Cは選択肢の最初になるのではないでしょうか。

ヒロ
ヒロ
とはいえ、SW270Cの解像度が心配になると思うので、次で解説していきます。

SW270Cの注意点

SW270C BenQ カラーマネジメント モニター レビュー 写真 編集

SW270Cを使ってみて感じた、注意したい部分を書いていきます。

4Kではない

解像度は4Kではなく、WQHD(2560×1440)です。今様々なモニターが発売されている中で、解像度は高い方ではありません。僕も購入する前は1番気にしていた部分でした。

ですが、写真編集をする上で大事なのは、画面の解像度よりも色の再現性です。そのためのカラーマネジメントモニターです。

しかも、実際はWQHDであっても、使っていて「画質悪いな」と思う場面は一度もありません。普段使いでも気にならないので、安心して良いのではと思います。

キャリブレーターは内蔵していない

カラーマネジメントモニターではキャリブレーターが内蔵しているわけではないので、自前でキャリブレーターを用意する必要があります。

カラーマネジメントモニターとはいえ、モニターの色は時間が経つほど変化していくものなので、それを調整して正確な色表現にするために、キャリブレーターを使うわけです。

持ち運びは不便

SW270Cの重さは約6.5kgで、分解すれば多少はコンパクトになります。組み立ても工具不要で簡単です。

しかし、それでも気軽に撮影現場に持ち込んだり、旅行先に運んだりという使い方は不便なサイズ感です。家の中でも気軽に移動させる感じではないですね。

ただ、無理というわけではないです。たとえば、ヤマトでも通常の宅急便扱いで送ることもできます。あまりに重かったり大きかったりする荷物は、大幅に料金アップなので、輸送費は抑えられる方かと思います。

SW270Cは長く愛用できるカラーマネジメントモニター

SW270Cは写真編集をする上で欠かせない「色の再現性」を備えながら、60WのUSB-C給電で作業から普段使いまで使えるカラーマネジメントモニターです。

色の再現性以外のスペックや解像度も充分実用レベルであるため、コスパを考えて予算に応じたカラーマネジメントモニターを選んでみましょう。

今回紹介した機材

おすすめの記事

カメラグッズ おすすめ まとめ 人気 アクセサリー 初心者
カメラグッズのおすすめを総まとめ!初心者から中級者が揃えたいアクセサリーを厳選カメラグッズの種類は膨大。本記事では、まずは揃えたいカメラグッズと、あると便利なカメラグッズをフォトグラファーが厳選してまとめました。様々なカメラグッズを試してきたので、選りすぐりのカメラバッグばかりです。...

カメラグッズのおすすめを総まとめ!初心から中級者が揃えたいアクセサリーを厳選

MacBook Pro おすすめ アクセサリー 周辺機器 フリーランス 作業環境
【2022年】MacBook Proにおすすめのアクセサリー・周辺機器16選+α|20代フリーランスの作業環境MacBook Proに最適なアクセサリー・周辺機器おすすめ16選と便利グッズをMacBook Proユーザーでフリーランスの私が厳選してご紹介します。種類の多すぎるMacBook Proのアクセサリー・周辺機器から、実際に使ってみて使い続けているモノを選んでいます。...

MacBook Proにおすすめのアクセサリー・周辺機器16選+α|20代フリーランスの作業環境

ロジクール MX REGO レビュー トラックボール マウス 在宅 リモートワーク
ロジクール「MX ERGO」レビュー|3年間使っても買い替えの必要がないタフさと快適さを持つトラックボールマウスLogicool(ロジクール)「MX ERGO」を購入して、3年間使い続けた正直なレビューを書いています。MX ERGOはワイヤレスなトラックボールマウスで、疲れにくく快適な在宅・リモートワークができています。3年経ちましたが、これからもMX ERGOを使い続けるぐらい推したいマウスです。...

ロジクール「MX ERGO」レビュー|3年間使っても買い替えの必要がないタフさと快適さを持つトラックボールマウス

ABOUT ME
ヒロ
フォトグラファー / ライター / 潜水士(フリーランス)|1993年生まれ|大阪在住(ノマド)|散歩、昼寝、ビール、読書、バイク、オードリーが好き|お問い合わせ仕事のご依頼
Amazonプライム会員のメリット