写真

初めてのカメラはお金を掛けなくてもいい。安価なカメラの良さとは

初めて カメラ 安価 写真初心者

カメラって値段が高いイメージがあるかもしれません。

しかし、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラでも機種を選べば、安価なカメラは存在しています。安価=機能が低いわけでもないです。

いきなり高価なカメラを気合いを入れて購入するのも一つの写真の始め方ですが、安価なカメラで気軽に写真を始める方法だってあるのです。

今回は初めてのカメラとして安価なカメラを選び、写真をステップアップしていった経験談をもとに、安価なカメラをの良さをお伝えします。

ヒロ

フリーランスのフォトグラファー / ライター / 潜水士|1993年生まれ|独立後は理想の暮らし実現のために、スペイン、ポルトガル、沖縄など複数の場所へ短期移住。決して器用ではない平凡な私でも何とか生きている経験をもとに、最低限の出費、再現のしやすさを重視して記事を書いています。初めてのカメラはNikon D3200。5.5万円で新品を手に入れました。
詳しいプロフィールポートフォリオInstagram

カメラの予算が少なくても写真は楽しめる

初めて カメラ 安価 写真初心者

デジカメではなく、新型の一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを購入しようとすると、10万以上の予算は必須かと思います。

では予算が少ない人は、スマホやデジカメで良いのではと思われるかもしれませんが、個人的に次の理由でおすすめしないです。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを所有すると芽生える写真への意識

スマホではなく、わざわざカメラを使うメリットは、写真を撮る意識が芽生えることです。日常的に使えるスマホは、最近高画質モデルが多いですが、気軽に使えすぎて相当意識しないと写真への意識を保つのは大変です。

カメラという「モノ」を所有することで、自分の中に「写真を始めた」という意識が芽生えて、様々なところに写真を撮りに行く気持ちが生まれやすいと思います。

デジカメはレンズ交換の必要がなく安価ですが、写真の幅が広がりにくく、綺麗な写真を撮る楽しさを覚えにくいです。写真を構成する設定を変えにくいので、ただその場で撮るだけになりやすいです。ボケも作りにくい。

写真に楽しさを覚えるには、自分が納得する写真が撮れやすいかは結構重要だと思います。詳しくは「写真の始め方を知りたい!カメラを趣味にしていく方法の全まとめ」の記事に詳細が載っています。

写真 始め方 カメラ 趣味
写真の始め方を知りたい!カメラを趣味にしていく方法の全まとめ写真の始め方ってどうしたら良いのか。写真を始めるには結構勇気がいりますよね。難しそうで専門的な知識も必要になりそうです。しかし、ちょっとした写真の始め方のコツを知れば、挫折せずに続けやすくなります。...

おすすめはミラーレス一眼カメラだが…

正直、私は最初のカメラには、ミラーレス一眼カメラをおすすめしています。軽くて、操作がわかりやすく、写真が快適で楽しいものになりやすいからです。

ただ、予算が少ないと買えないミラーレス一眼カメラの機種は多い。しかし、少し古い機種や中古品を探し出せば、予算に見合ったカメラは見つかります。

ミラーレス一眼カメラに予算を割ける方は「初めてのカメラにはミラーレス一眼がおすすめ!初心者が失敗しないカメラ5選」の記事でおすすめの機種を紹介しています。

初めてのカメラにはミラーレス一眼がおすすめ!初心者が失敗しないカメラ5選『ミラーレス一眼カメラが初めてのカメラに良いって聞くけど、何が良いんだろう...』 私も実際にミラーレス一眼カメラを購入する前は、同じ...

安価なカメラで写真の楽しさを覚えた

初めて カメラ 安価 写真初心者

私は現在、SONYのα7RⅡ(ミラーレス一眼カメラ)を使っています。最初に買ったカメラは、NikonのD3200(一眼レフカメラ)でした。2013年に新品の本体とレンズ2個セットで約5.5万円で揃えました。当時としては、かなり安く手に入れたと思います。

学生だったので、無理をせずに自分の手の届く範囲でカメラを買いました。機能にそこまで期待もしていないけど、初めての一眼レフカメラということで、凄く楽しんで使っていました。そして、安価なカメラを使ってみて良さにも気付いたのです。

機材に対する肯定的な諦めがつく

安価なカメラは上位機種と比べると、機能が劣る部分がいくつかあります。動きが早い被写体のピントを合わせにくかったり、画面の液晶の角度を変えれないのでハイとローアングルに弱かったり。

でも、出来ないことがはっきりしているおかげで機能性に対する期待値は低く、「このカメラでどうやって撮るか」の思考が身につきました。どう工夫するかを考えて、機材については肯定的に諦められるんです。

最初から高価なカメラを使っている人で、「もっと性能が良いカメラだったら」「このレンズでは、今のシーンは撮れない」と、機材のせいにして写真を撮らない人もいます。

今持っているカメラで撮れない、撮りにくいシーンでも、写真を楽しめるマインドになれたのは良かった点です。自分の思い描いた通りに撮れたとき、予期せぬ面白い写真が撮れたときなどに、楽しさを感じられるようになりました。

スキルアップへの向上心となる

安価なカメラは本体の機能に頼るシーンが少ないので、想像力を働かせて自分で動き回って写真を撮ることになります。これは機材に甘えずに、写真の腕を磨く向上心となるのです。

たとえば、私が今使っているα7RⅡは、ポートレート撮影のときに自動で人物の目にピントを合わせてくれる機能があります。だから適当に撮るだけでも、バシッと決まった写真になりやすいです。

でも、万能ではないので、人物の目を認識しない場合もあったりします。その時に、安価なカメラ時代に必死に覚えたピント合わせのスキルが役に立って、問題なく撮れるようになっていました。

写真のスキルアップは写真の楽しさの幅を広げます。納得いく写真が撮れると満足感が上がるからです。

最初は安価なカメラで試す選択肢もあり

初めて カメラ 安価 写真初心者

高価なカメラを選ぶことだけが写真の楽しさじゃない。不便な部分にも良さがあるとわかると、写真を始める際の壁を1つ取っ払うことができるかなと思います。

私は今でもNikon D3200を最初のカメラに選んで良かったと思っています。確かにスペックは高くありませんが、写真の楽しみを教えてくれたカメラでした。

D3200を引っ張り出してきて使うことはもうありませんが、カメラの機能で簡単に写真を撮れてしまう今は、なんだかちょっと物足りないときも確かにあるのです。

 

おすすめの記事

写真 始め方 カメラ 趣味
写真の始め方を知りたい!カメラを趣味にしていく方法の全まとめ写真の始め方ってどうしたら良いのか。写真を始めるには結構勇気がいりますよね。難しそうで専門的な知識も必要になりそうです。しかし、ちょっとした写真の始め方のコツを知れば、挫折せずに続けやすくなります。...

写真の始め方を知りたい!カメラを趣味にしていく方法の全まとめ

カメラグッズ おすすめ まとめ 人気 アクセサリー
カメラグッズのおすすめを総まとめ!最初に揃えたい必要なアクセサリーを厳選カメラグッズの種類は膨大。本記事では、まずは揃えたい必要なカメラグッズとあると便利なカメラグッズを厳選してまとめました。さらに写真撮影を拡張したい人のための追加で揃えたいグッズも紹介。...

カメラグッズのおすすめを総まとめ!最初に揃えたい必要なアクセサリーを厳選

写真 上達方法 審美眼
写真を上達させるシンプルな方法「審美眼を磨くために写真を観る」写真の上達方法である、写真を観ること(=審美眼を磨く)の大切さをご紹介します。写真の上達にはセンスが必要なわけではありません。たくさん写真を観て上達させましょう。...

写真を上達させるシンプルな方法「審美眼を磨くために写真を観る」

 

記事のURLとタイトルをコピーする

  

ABOUT ME
ヒロ
フリーランスのフォトグラファー / ライター / 潜水士|1993年静岡県生まれ、静岡県在住 |旅行系企業のECサイト運営 / 販促企画を担当した後、セブ島IT留学を経て、2018年にフリーランス(個人事業主)として独立。写真撮影、水中撮影、執筆、作品制作、Webサイト運営など、個人やチームで幅広く活動中。撮れて書けて潜れてWeb媒体に強い人。|お問い合わせお仕事のご依頼note
Amazonプライム会員のメリット

Amazonプライム会員 メリット 特典 Amazon Photos プライム・ビデオAmazonプライム会員のメリットはPrime VideoとAmazon Photosにあり。特典・活用方法まとめ

Amazon中心に買い物をしていない人にも、お得な特典が盛りだくさんのAmazonプライム会員。そのメリットをぎゅっと凝縮して解説しています。

 

\ まずは無料でお試し /

トライアル後は年額と月額の2種類のプランを選べる
配達特典、使いたい放題サービス(動画・音楽・本など)が充実