ノマド

沖縄移住の失敗談とデメリットを経験者が本音で語る|1.5年間の沖縄暮らしブログ

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

青い海と豊かな自然に加えて、ステキなお店もたくさんある沖縄本島に移住していました。しかし、約1.5年間過ごした後、結果的に沖縄を出ました。

沖縄移住の話を書くか、ずっと迷ってました。失敗談とは言ってますが、たくさんの人に優しくしてもらってお世話になったし、楽しい思い出もできたし、全く後悔はしていません。

「沖縄」という土地はとても魅力的に映ります。だからこそ、メディアの発信では、キラキラした「沖縄最高!」という表面が強調されます。

ただ、そういった発信に違和感を覚えたのも事実です。実際の暮らしは沖縄以外もそうですが、良い部分と大変な部分の両者があって複雑だから。

批判をして沖縄移住の検討者を引き止めたいわけではなく、リアルに参考となるような失敗談や本音の部分をきちんと伝えておきたくなったのです。

難しい部分も含めて情報を得ておいた方が、移住のフラットな判断材料になるし、移住後の暮らしを続けやすくなると思います。ということで、本音で書いていきます。

移住の話はどうしても「あくまでも僕の個人の感想」という大前提がある話となってしまいます。僕は既に沖縄を離れた人間で、フリーランスという働き方であること、離島ではなく沖縄本島、2019-2020年当時の話であることは強調しておきます。皆さんそれぞれに合っている場所を見つけて、楽しい暮らしをしてほしいと願ってます…!

沖縄移住のイメージの答え合わせ

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

人気の移住先である沖縄ですが、数年で沖縄を去ってしまう話をよく聞きます。なので、僕も移住前に思い描いていた理想像やよくある沖縄移住のイメージの中から、ギャップがあったものを紹介します。

冬でも暖かい?→普通に寒い

沖縄の冬は気温を見ればとても暖かいです。実際、1月でも近場だったら半袖で過ごせる日もありました。

気象庁の発表したデータを見ると、那覇の日平均気温の月平均値で、2021年1月では16.8℃でした。最も寒いとされる1月でもこの気温です。(参照:気象庁

でも、体感温度はもっと下がります。沖縄は冬になるほど曇天や雨が多くて風も強いため、気温通りの暖かさを感じることは少ないんです。

確かに県外から旅行で来ると暖かいと感じるでしょう。ですが、移住してずっと沖縄で過ごしていると、普通に冬の寒さだなって思います。分厚いコートはいらないけど、暑さに体が慣れているので寒いんです。

移住中に書いたメモによれば、11月下旬あたりまでは真夏の暑さが続きます。そのあとはたまに半袖の日もありますが、1~3月はほぼ真冬。4月末でも寒いと感じるときあります。5月以降は急にめっちゃ暑くなります。

ヒロ
ヒロ
ざっくり12~4月ぐらいは冬って感じでしょうか。あとは真夏が続く。

県外よりは冬は短いし、指先が痺れるほどの寒さではないのは魅力かもしれません。でも、この気候に僕は良さを感じませんでした。日によって半袖か厚着か選ぶのは面倒だったし、衣替えのタイミングが難しい。

めっちゃ暑いじゃんと思ったら、次の日は普通に寒くて凍えるというのが、沖縄の冬です。季節の変わり目に体調崩しやすい人はキツいんじゃないかな。

あとは秋という季節がほとんどなく、基本的に紅葉は見られません。桜もあるにはあるけど、県外のように至る所にはない。四季を実感するには、情報を集めて色々出かけないといけません。

ヒロ
ヒロ
季節の変化があまりないって、結構寂しく感じましたね。

物価が安い?→むしろ高いような

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

家賃や物価に関しては全く安いとは思いません。むしろ、人によっては給料が下がって、ネットショッピング時の配達料などを考えると、地方では高い方だと思います。

地域密着のお店や近所の人から安く食品を購入するとかだと別ですが、県外と同じような暮らしをするんだったら、沖縄以外の地方でも言えますが、物価は変わりません。

たとえば、沖縄では近所にマックスバリュがあったので、よく利用していました。多少の商品は違いますが、県外にもマックスバリュはあるわけで。そこをメインに買い物するなら、県外と同じような物価になります。

ヒロ
ヒロ
物価よりもどんな暮らしをするのかを試算して、冷静に比べた方がいいと思いました。家族ありなしで買う物も変わりますよね。

むしろ車社会なので車を所有するなら、生活コストは上がりやすい傾向にあります。物価や生活費の安さを求めるなら、沖縄は合っていないです。

綺麗な海での暮らし?→塩害&アクセス不便

沖縄の海は確かに物凄く綺麗です。僕は海の近くには住めなかったのですが、海の近くの暮らしに強い憧れがありました。

僕が海の近くに住みたいと言う度に色んな人から「塩害がすごいからやめとけ」「すぐ車が錆びるぞ」と忠告されました。憧れだけじゃなく、住むには覚悟がいるようです。

ヒロ
ヒロ
ほんとに沖縄の人は「海の近くなんて良いことない」と口を揃えて言ってました。

あとは沖縄本島だったらアクセスの問題もあります。基本的に車がなくてもなんとか生活できる那覇やその周辺のエリアでは沖縄らしい綺麗な海は見られません。

空港や那覇がある位置は本島のなかでも南側です。沖縄らしい海の近くの暮らしをするなら、中部(例:アメリカンビレッジ)や北部(例:美ら海水族館)、さらに南部(例:平和祈念公園)の辺りまで行かないといけません。

たとえば、中部の海の綺麗な読谷村とかだと、空港まで車だったら1.5時間、バスだと2時間ぐらい掛かります。いい感じのレストランやショッピングモールも徒歩では行けないような距離にあります。やはりアクセス的には不便で、住むにはハードル高いと感じます。

ヒロ
ヒロ
那覇近辺で車はシェアカーのみでしたがキツいと感じたので、それ以外だと完全に車社会ですね。

うちなーぐち(方言)の嵐?→若者はあまり使わない

「はいさい」「めんそーれ」とか沖縄の人は言いません。喋る黄色い自販機が言うぐらいです(沖縄に行くとわかる)。

全く方言がないわけではもちろんないです。標準語とイントネーションが違ったり、馴染みのない単語を使ったりします。

たとえば、「だからよー」とよく沖縄の人は使いますが、「そうだよね」みたいな相槌です。「とても◯◯」を「しに◯◯」とか。こういうのはめっちゃ使います。

年配の方はバリバリにうちなーぐちを話したりします。それは確かに何を話してるのか理解できないときあります。ですが特に若者は、いわゆる県外の人がイメージするうちなーぐちをほとんど使いません。まあ段々使う人が減っていくのって、地方の方言あるあるかもですが。

ヒロ
ヒロ
なんくるないさー、でーじ、にふぇーでーびるとかは、もうメディアのイメージだなーって感じです。「だからよー」は県外の人が知ってるとウケてくれますよ笑

沖縄移住のデメリット(大変なこと)

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

沖縄に移住して大変だったことをデメリットとしてまとめました。勝手に住んでおいてデメリットというのはおこがましいんですが、結構ギャップがあったところなので正直に書きます。

生活費は安くない

移住して驚いたんですが、沖縄でも生活費は結構掛かるんですよね。沖縄の物価は安くないと先ほど書きました。ここにさらに給料の低さと家賃の高さ、車の維持費などがネックとなるからです。

ヒロ
ヒロ
もちろん工夫して生活費を削ることもできるし、生活スタイルによって異なるので単純比較はできませんが、僕はコストが高いと感じてます。

県外から沖縄の企業へ同業種の転職をした場合、ほぼ給料は下がると思います。給料の良いようなIT業界の企業の誘致なども県は力を入れているし、盛り上げようとしている人たちもいます。知人はWebデザイナー職で月20万以下だったのでブラックって言ってました。

そして、家賃の高さです。特別高いと言うか地方の中では全く安くないという感じです。

僕は最初にシェアハウスに住みましたが、家賃4万(共益費込みだと5.2万)で高いと感じました。そもそもシェアハウスの数自体がものすごく少ないです。

次に那覇の新都心というエリアだと1Rで家賃6万ちょっとでした。人気のエリアでモノレールの駅近という条件だったのもありますが、地方にしては高いと感じます。

ヒロ
ヒロ
新都心と言っても、メインプレイスというデカい商業施設があるくらいでマンションばかりで海も遠く、僕には魅力を感じませんでした。住む前はわからなかったんですよね。

「那覇以外に住めば良いじゃん」と思われるかもですが、家賃が安くなっても今度は車が必要になってきます。車の購入費や維持費は生活費にドカンと重くのしかかってきます。

地方で家賃が安くても、車を持たずに快適に生活できる場所はいくらでもあります。でも、沖縄暮らしは色々考えたけど、車がないとストレスたまりますね。

交通の不便さ

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

沖縄本島の交通の不便さは、声を大にして伝えたい。

具体的にはこんな印象です。絶妙に全部噛み合っていないのが現状なんです。

  • 公共交通機関の使い勝手の悪さ(バス・モノレール・タクシー)
  • 慢性的な自家用車の渋滞
  • 那覇空港の就航都市や本数の少なさ
  • 徒歩や自転車は暑すぎてキツい

まず、沖縄は完全に車社会です。移住中は車や原付を持たず生活していたのですが、沖縄の人には何度も「車か原付持たないの?」と聞かれました。「車はあって当然」という感覚があるみたいです。

家族で1台というよりも個人で1台ということ、さらに移動に便利な主要道路がある程度決まっていることから、平日の昼間以外は渋滞が慢性的に起きています。

ヒロ
ヒロ
特に沖縄本島の南から北まで通っている国道58号線(ごーぱち)は混みがち。
沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

自家用車が渋滞しているので、当然バスやタクシーにも影響が出ます。特に現地ではバスは遅延することで有名です。そのイメージがあるからみんな車を勧めるんですね。そしてみんな車を所有して渋滞という悪循環。

バスはいろんな路線がありますが、沖縄らしいビーチとか名所とかに行くには不便です。そういう場所ってバス停から結構歩かないといけません。灼熱の日差しのなか歩くのは地獄です。

さらにSuicaなどの県外のICカードはバスでは使えません。OKICAというローカルICカードがありますが、クレカとの連携もなくアプリでチャージとかもできないので、バス車内やモノレールの駅で現金をチャージする必要があります。これは地味に不便。

ヒロ
ヒロ
ちなみにバスは最大1時間遅れてやってきたことがありました… 話のネタになりました笑

沖縄には電車はありません。あるのはモノレール(ゆいレール)のみ。最近やっとモノレールのみSuicaなどのICカードの相互利用が始まりました。バスも早くやってくれ。

モノレールは空港から那覇の北にある浦添まで通ってますが、名所といえば首里城があるぐらい。頻繁に県外に出る方は那覇に住むと空港までのアクセスが便利です。ただ、モノレールの駅近くに海はないので、沖縄らしい暮らしはできませんけど…

ヒロ
ヒロ
もしモノレールとか電車が美ら海水族館のある北部まで通っていたら便利だと思います。実現しないかな。

そしてタクシーですが、現金のみのタクシーがほんとに多い。電子マネーはおろか、クレジットカードに非対応のタクシーばっかりなんです。なぜ。なので流れのタクシーは使わず、アプリでクレカ決済できるDiDiとか使ってました。

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

那覇空港も結構使い勝手悪いと思ってます。沖縄に住む前は「アジアが近いし、国内からの就航数も悪くないから、沖縄を拠点に世界へ行くぞ」と意気込んでいたのですが、住んでみて間違っていたと気付きました。(参考:那覇空港の就航都市一覧

たとえば、僕はフィリピンのセブ島が好きなのですが、フィリピンへの便はありません。地元の静岡への便はありますが、1日1本でお昼時なので前後の時間が微妙です。

ヒロ
ヒロ
沖縄を拠点に色んな場所へ行くなら、就航都市は確認しましょう。離島へのフェリーは色々あるのでそこは便利ですね。

あとは個人的に「飛行機に乗る」っていう心理的ハードルが高かったです。確かにLCCのセールとかだと新幹線とかよりも安い値段にはなるんですが、荷物検査や待つ時間、空港までのアクセスを考えると億劫になってしまって。県外に気軽に出られないのはキツいです。

人間関係における「内地」という壁

沖縄の人は県外出身者のことを「内地の人」「ないちゃー」と呼びます。北海道でも内地という言葉は使われるみたいですね。

基本的にこの呼び方に全く悪意はないです。沖縄出身じゃないからといって、不当な扱いを受けた経験はありません。違う環境から来たことを気遣ってくれる人もいました。それはちゃんと伝えておきます。

ただ、沖縄出身者と県外出身者では、無意識のうちに高い壁があると感じる場面が多かったです。仲間意識という感じでしょうか。

初対面では大体「内地出身か」というチェックが入りますし、僕は沖縄では珍しい苗字なので、「内地から来たんだね」と言われます。正直、その確認をされても、なんだか疎外感があるだけで、何の意味があるんだろうと思ってしまいます。

もともと違う国だったし、米軍基地の問題もあるので、仕方ないかもしれません。だからこそ、自分と沖縄で生まれ育った人の間に越えられない壁があるような気がしてしまうのです。

ヒロ
ヒロ
意識しない方が良いのかもしれません。でも僕はなんだか寂しく感じました。

あとは、地方移住とかで「優しい人が多い」とはよく聞く話ですが、正直言ってそれは関わる人によるので、地域は関係ないと思います。

島という飽きやすい環境

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

沖縄本島は住んでみると大きいと感じましたが、やはり島であることに変わりはないので、意識を変えないとすぐに飽きてしまいます。

ある程度小さい地方でも同じですが、文化に触れたり、遊んだりする場所はやっぱり少ないんですよね。アンテナの感度を高めて、色んな人と接していけば良い場所はたくさんあるんですが…

ライカム(イオン)というショッピングモールが定番の遊び場ですが、家族連れ以外はあんまり移住後に行きたい場所ではないかなと。景色の綺麗な観光名所は観光客で混雑してます。

ヒロ
ヒロ
飽きないためにも趣味や友達を見つけることも大事です。友達は移住先でほんと重要。

配達料が高い(プライム対象外)

これは盲点でした。よく考えたら島だから当然なんですけどね。

ネットで商品を買って配達料が掛かる場合だと、多くの場合は沖縄は配達料がハネ上がります。本島であっても離島扱いということです。

さらに、沖縄ってAmazonプライムのエリア対象外なので、プライム会員でも翌日に商品が届きません。北海道でも一部エリアでプライム対象なのに。プライム会員ということにかまけて、ギリギリまで買い物をしない習慣になっていたので、結構慣れるまで時間掛かりました。

あとはひどいケースで、沖縄在住だと商品の購入ができない場合もあります。以前楽天で机を買おうとしたら、沖縄だけ販売不可でした。同じ日本なのに…

ヒロ
ヒロ
引越しの料金や車の輸送費なども高額です。現地で買って現地で売るのがコスト的には良いかも。

沖縄移住のメリット(凄いところ)

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

沖縄に移住して現実の側面を見ても、やっぱり凄いと思った部分も正直に書いていきます。

なんだかんだ抜群に綺麗な海

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

海の近くの暮らしは簡単ではないけれど、やっぱりエメラルドブルーの海と白い砂浜のコントラストは美しいです。県外だって綺麗な海はあるけど、沖縄の海はほんとに澄んだ色をしている。

那覇から行きやすくて綺麗な海は、北谷のアメリカンビレッジより手前にある「アラハビーチ」です。

バス停からも近くて、方角的に夕焼けも綺麗に見えます。地元の人が散歩していたり、ランニングをしていたり、みんなリラックスしています。

ヒロ
ヒロ
デメリットを知っておけば、海の近くの暮らしも受け入れやすいかも。やっぱ綺麗だもの。

スギ花粉の影響が少ない

沖縄はほんとにスギ花粉ないんですよ。僕はスギの花粉症のみですが、毎年春になるとくしゃみは止まらないし、薬を飲んでも効かないときもあります。

しかし、沖縄で迎えた春は快適なものでした。沖縄はスギやヒノキの花粉が飛んでこないので、花粉症を持っていても発症しないんです。最高でした。だから毎年春は沖縄に避難したい。

ヒロ
ヒロ
花粉症の人からしたら、春に鼻や目がムズムズしないって想像できないことですよね。

ただ、マツやイネ花粉など、ほかの花粉症を持つ人は症状が出る場合もあるみたいです。あくまでも、スギとヒノキの花粉症はほとんど出ないということです。

謎のローカルフリマであらゆる物が手に入る

沖縄ローカルのフリマサイトに「沖縄宝島」があります。サイト見るとわかるんですが、「インターネット初期かな?」って感じのデザインです。何年も更新されてなさそう。

でも、めちゃくちゃ使われてます。よく見ると数時間前に出品されていたり。ベビー用品から車まで何でも売買されてます。友達はここで原付を買ってました。沖縄の人の中ではポピュラーな中古市場なんです。

しかも手数料が掛かりません。手渡し売買というローカルな手段ではありますが、皆さん近所のコンビニなどを受け渡し場所にしているようです。

ヒロ
ヒロ
配達料掛けるぐらいなら移住後にここで物を揃えても良さそうです。

ビーチパーティーというアツい文化

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

沖縄ではビーチパーティ、略して「ビーパ」という文化があります。パーティーといっても派手感じではなく、みんなでビーチに集まって楽しくご飯を食べる、それだけです。

バーベキューやお酒がセットになっていることが多いです。沖縄の青い海を見ながらご飯を食べるのは最高。海で泳ぐ人もいますが、飲み食いして終わることも多いです。

ヒロ
ヒロ
沖縄の人は水着ではなく、Tシャツを着て泳ぎます。小さいときからそうらしいですよ。

移住したときはとりあえず色んなビーパに参加してました。派手なことしなくてもビーチでご飯を食べてると仲良くなりやすいです。ビーパまたしたいなぁ。

沖縄移住を失敗しないために多拠点や試住という選択肢

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

沖縄移住は様々なハードルや不便さがあると散々お伝えしてきました。表面上の良さだけを見て移住すると、現実的な面で失望が大きいと思います。

やはり、「沖縄への期待を膨らませすぎないこと」が大事です。メディアの発信の「憧れの南国ライフ」や「のんびりした島時間」などは、様々な不便さを受け入れて成り立っているものです。

僕がおすすめするのは、本格的な移住の前に「お試し移住(試住)」や「多拠点生活」で沖縄を選ぶことです。

試住だとたとえば、1ヶ月だけ住んでみるとか。シェアハウスや個人経営のホテルなどで、1ヶ月滞在のプランがあったりします。1ヶ月ぐらいいたら旅行ではなく、生活の体験ができます。

あとは今住んでいる場所を手放さず、沖縄とその場所を行き来する多拠点生活です。金銭的な余裕が必要かもしれませんが、行き来することで、沖縄の大変なところを軽減しつつ、良さも味わえます。

沖縄移住に過度な期待は持たず、まずは徐々に沖縄と関わりながら移住を検討してみましょう。

ヒロ
ヒロ
お金、人間関係、気候、文化などがギャップのある部分です。冷静に見ておきましょう。

沖縄移住には失敗したけど経験して良かった

沖縄移住 失敗談 デメリット ブログ

改めて振り返ると、これだけの文量を書けたのは、単純に沖縄に文句があるというわけではなく、長期的な沖縄暮らしを真剣に考えていたからです。

移住はメリットデメリットを超えたフィーリングとか、理想の暮らしへの情熱とか、感覚的な部分もあると思います。だから散々書いてきたデメリットも人によっては大したことなかったりすると思います。

だからこそ、海の近くの暮らしという表面的な部分以外に、現実的にたくさんの不便なところがあると受け入れた上で、移住を考えていった方が、きちんと暮らしと向き合えると思ったんです。

僕は移住中に、沖縄に対してその情熱はないとハッキリわかりました。将来はもしかしたらまた住むタイミングが来るかもしれないけど(なんせ花粉症がないのは本当に良かった)、一旦は区切りをつけました。

今回の沖縄移住は失敗だったけど、良い経験したと思ってます。全て本音で書いたので、この記事が沖縄移住を考えている方にとって、何かの役に立てれば嬉しいです。

 

おすすめの記事

固定費 削減 家計 見直し 節約 フリーランス
家計の見直しは固定費の削減から始めよう!サブスクは慎重に選びたい|20代フリーランスの節約事情せっかく手にしたお金、毎月気付いたらほとんど残っていない… 自分の楽しみにお金を使いたい、将来のために貯金したいと思っても、自分の...

家計の見直しは固定費の削減から始めよう!サブスクは慎重に選びたい|20代フリーランスの節約事情

楽天カード メリット デメリット 特徴
楽天カードのメリットとデメリットは?楽天ポイントを集約すれば0円で買い物や投資ができる楽天カードのメリットは使い勝手の良い楽天ポイントを効率良く貯められること。楽天カードユーザーでフリーランスの私は貯めたポイントでお得に買い物や投資をしています。使い続けてわかったメリットとデメリットを正直にお伝えします。...

楽天カードのメリットとデメリットは?楽天ポイントを集約すれば0円で買い物や投資ができる

シェアハウス 探し方 東京
シェアハウスの効率的な探し方を経験者が語る。地雷物件を避けるための秘訣を伝授!シェアハウスの探し方をシェアハウス暮らしの経験者が経験をもとに解説します。実際に暮らしてみて感じたトラブルを避けるためにコツやシェアハウスの選び方を書いていきます。...

シェアハウスの効率的な探し方を経験者が語る。地雷物件を避けるための秘訣を伝授!

ABOUT ME
ヒロ
フォトグラファー / ライター / 潜水士(フリーランス)|1993年生まれ|大阪在住(ノマド)|散歩、昼寝、ビール、読書、バイク、オードリーが好き|お問い合わせ仕事のご依頼
Amazonプライム会員のメリット